ペルシャン・ブルーの国へ

またまたご無沙汰してました。 このひと月、周りの方たちがムサフィールやターラブで盛り上がっていらっしゃる様子を指をくわえて眺めつつ、私はアラビア語の勉強の追い込みに入ってました。追い込みって大袈裟な感じですけど、ブログでアラビア語を勉強するぞ~って宣言してから1年半、勉強の集大成というか、一区切りというか、とにかくアラビア語の学校を卒…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

アラビーな日々・復活!

今年の2月、「なんとなくアラビーな日々」というタイトルで日記を書きましたが、先週末から今週にかけて、またもやアラビーな行事てんこ盛りの日々が続きました。(正確に言えば、アラブの中でもエジプトにスポットを当てたかのような日々でした。)私はアラビア語の学校にこの1年半ほど通い続けているわけですから、毎日が「アラビーな日々」と言えばそうなので…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

クロアチア音楽最大の特徴は?(百人町音楽夜噺より)

皆さま、お久しぶりです。前回の記事で、「イタリア月間始動!」なんてタイトルを付けておきながら、その後何の記事もUPしないうちに、既に私にとってのイタリア月間は終わってしまっているという・・・。で、そのイタリア月間のメインは今月始めにあったタランテッラの楽団オフィッチーナ・ゾエのライブだったのだけれど、この一ヶ月は他にも自分なりにイタリア…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

イタリア月間始動!

今夜は、前の記事でご紹介した「地中海音楽の夕べ」(「日本におけるイタリア2007・春」関連行事)で来日中の、ローマ出身のアコースティック・バンド・Acustimanticoの無料ライヴに行って来ました。会場は、六本木ヒルズ・アリーナ。驟雨の後の少しひんやりとした空気に包まれ、暮れ行く空の下、ムーディかつエキサイティングなライヴを堪能して…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

秘密結集??

先日都内某所にて、とある音楽鑑賞のため秘密結集の場が持たれた。 その名も、「タランテッラ愛好家の会」。 タランテッラ(「ピッツィカ」とも言う)とは、南イタリア・プーリア州に古くから存在する舞踏曲。 タランテッラという名からも想像が着くとおり、毒蜘蛛タランチュラと関係した音楽だ。 毒蜘蛛に咬まれた人は、その咬み疵と毒によって忘我の…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

世界の路地(番外編)

この季節、近所を散歩していると、至るところから茉莉花の香りが漂ってくる。そして、可憐な色の薔薇や野薔薇が散歩道を彩っている。 緩やかな坂沿いに建つ家々。その垣根を覆い尽くすジャスミンや野バラの色と匂いは、私にとって限りない誘惑だ。それらが、日に日に眩しくなって行く太陽光線と合わさると、もう居ても立ってもいられない気持ちになる。 そう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「GOLDEN WORLD WEEK」も終わり・・・

GW、あっという間に終わりましたね~。 GW期間中、東京ではワールド音楽系のイベントが続きましたが、私はその殆どを逃してしまいました(涙)。いろんな方のレポを読ませて頂いてると、「あれもこれも行っときゃ良かった。」と後悔しまくりです・・・。が、まあ仕方ない。 でもでも、UPLINKで開催中の「GOLDEN WORLD WEEK …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

最近のパキスタン音楽事情(ポップスも宗教歌も)

今日は久々にパキスタン音楽の話題です。以前、パキスタン・ポップスについて書いたことを覚えてくださっている方はいらっしゃるかしら?ラジオ番組を通して出逢った珠玉のパキスタン・ポップスの数々。以前も書いたとおり、英米のポップス・ロックのテイストが強く、あまりオリジナリティーを感じられないと思う楽曲も多かった反面、パキスタンならではの空気感を…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

タジン(チュニジア風キッシュ)

みなさんお久しぶりです。よく更新が滞る私のブログではありますが、今回のように一ヶ月近くも放っておいたのはさすがに初めてでしょうか。 この一ヶ月は私にとって体調がぼろぼろで散々な日々でした。・・・って、去年の今頃も確かそうでしたが。なんだなんだ~、またかよ!弱っちいやつめって感じですね。 実際のところ、ブログを更新しなかったのは体調の…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

アラブ☆パーティー

ここのとこ、どうにもこうにもブログを更新する余裕がないのだけど、新年度になる前にもう一度ぐらい更新しておきたいので、軽めの記事をいっちょう! もう、ちょっと前の話になってしまいましたが、我が家に友人数名をお招きして、アラブ風パーティーを催しました。 この日のパーティーへの「参加条件」はアラブが好き・アラブに何らかの形で関わってい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ノウ・ルーズ(春分)の宴

昨日は、ペルシャ文化圏のお正月にあたるノウ・ルーズでした。昼と夜の長さがちょうど同じになる春分が、イスラーム以前のペルシャ文化を残す地域ではお正月となります。ノウ・ルーズに関しては昨年、神話を絡めた記事を書きましたから、ぜひそちらをご参照いただきたいと思います(ジャムシードの神話)。 昨夜はノウ・ルーズに関連して、各地で様々な祝い…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

アラブ・チャリティ・バザー

アラビーな日々の極めつけの極めつけ(だって、「コシャリ・パーティー」が、極めつけだったんだもん)とも言える行事へ、先週行って参りました。毎年エジプト大使館で行われていて、今年は第9回目となる「アラブ・チャリティ・バザー」(主催はエジプト大使夫人の会)。開催場所は、エジプト大使館ですが、出店している国々はアラブ諸国の大部分をカバーしている…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

コシャリ・パーティー

先日、エジプト人のお宅にお邪魔する機会がありました。そう!ここのところ続いている「アラビーな日々」の極めつけが、このお呼ばれです。そして、この日のテーマは、エジプト料理・コシャリを食すこと。 コシャリとは、米・マカロニ・カッペリーニのような細いパスタ(細かく砕いたもの)・レンズ豆・ひよこ豆・ねぎ等を混ぜこみ、トマト・ソースで和えたもの…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

『Bab' Aziz』 「アラブ映画祭2007」より

今年のアラブ映画祭、私が二本目に選んだのはチュニジア人監督・ナーセル・へミール氏の作品『Bab' Aziz』(2004年)。(チュニジア=イギリス=ドイツ=フランス合作・・・となっていますが、実際に撮影をした地はイランが殆どであるため、撮影クルーの大部分はチュニジア+イラン人とのことで、他の国々は機材の提供・貸与等に寄与したとのことでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラビーな日々真最中・満喫中

ふわー、怒涛のアラビーの日々真っ最中です。あ、アラビーと書きましたけど、アラビー+周辺って感じです。しかし、せっかくこんなに楽しい時季のはずなのに、この冬は例年よりあったかかったせいか毎年恒例「春の極度の不眠週間」(笑)が、いち早く訪れたようで、寝不足でフラフラ状態になりながらアラビー(+周辺)関連イベントを渡り歩いています。 ・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブリック(チュニジア風揚げ春巻き)

今日は、私が大好きなチュニジア料理。その中でも、とりわけお気に入りのメニュー、ブリックをご紹介します。 チュニジア料理と書きましたが、実は様々な国で似たような形態のお料理が見られます。中でも、バルカン半島において、同じような名前(ブーレク)の、同じように小麦粉の皮で包んだ料理が存在することが大変興味深いと思います。このあたりのことにつ…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

世界の路地~サラエヴォ(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)編~

サラエヴォの街並みを思い出そうとすると、いつもぼんやりと脳裏に浮かぶ映像がある。いや、それは映像と呼べるほどはっきりとした形を取らない、むしろ、色の塊と呼んだ方が良い抽象的なものかもしれない。 それは、濃い靄がかかった夕刻の薄明に縁取られた家々の黒い影。対照的に、夕闇にくっきりと浮かび上がる生活の灯りのひとつひとつ。そして、街の中心へ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

豪華絢爛・壮大なインド神話の世界④

久しぶりのインド神話ネタです。前回の更新はなんと6月!しかも、コメント欄を読み直してみたら、近いうちにまた更新します、なんて予告しているし・・・。うそつきですな。 今回登場して頂くのは、不思議キャラ満載のインド神話の中でもひときわ異彩を放つ・・・というか、異形のキャラ、ガネーシャさんです。前回に続き今回も女神を特集する予定だったの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カイロとオランの夜に酔った!(百人町音楽夜噺)

先週の金曜日、場所を移動してから初めて行われた音楽夜噺に行ってきました。 私も数名アラビア語学習仲間を連れて行きましたが、なんとなくニューフェイスな方々がたくさん聞きにいらしていたような気がしましたし、桜丘町でやっていた時よりも、さらにお客さんが増えていたように思いました。会場となったネイキッド・ロフトの店長さんがとても感じが良い方で…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more