早春のイスタンブールとギリシャへ

イランの新年(3月21日)以来の更新となります。新年以降雨の日が続くテヘランですが、日に日に街路樹(プラタナス)の若葉が成長し、普段は埃っぽいテヘランが、ここのところ淡い緑に靄がかって見えるのもなかなか素敵です。去年の初春は殆ど雨が降らず乾いた春を迎えましたが、イランの本来の初春の姿は、雨模様だということ。年間を通して雨が少なく、極度に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お知らせ

また一ヶ月以上間を開けてしまいました。 この9月に丸3年を経、4年目を迎えた当ブログですが、諸事情あり、数ヶ月の期間お休み致します。 止めてしまうわけではなく、必ず近い将来再開します。毎日平均300名以上(多い日は千人近く)の方が訪れてくださっているようですので、楽しみにしてくださっている方も一定数いらっしゃるということですよね。そ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

ラマザーン・レポ 2008

今日は西暦2008年9月26日。イラン暦(イラン暦については去年のこの記事を参照してください)メフル月(7月)5日。イスラーム暦ではラマダーン月(イランではラマザーン月)25日。 ずらずらと3つの暦で今日の日付を書き並べてみました。が、今日がイランで何か特別な日というわけではありません。たまたまブログを書く気分になったのでこの日が選ば…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

『ジプシーを追いかけて』~『オリエンタル・ジプシー』刊行記念イベントのお知らせ

最近、お知らせ記事が続いています。 イラン・レポもやらなきゃなんですけど、現在、夏に東京を「激しく」遊びまわった疲れが出て、またラマザン中につき行動力が著しく低下中です。 さてさて、今日の本題です。 今月20日に行われる、関口義人さんの恒例イベント「ジプシーを追いかけて」のお知らせです。 今回は、『オリエンタル・ジプシー』の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

イラン音楽ライブのお知らせ

テヘラン在住で、現在一時帰国中の音楽家(セタール/タンブール奏者)北川修一さんのライブが、東京で2本行われます。テヘランで本場の空気を吸いながら、著名なミュージシャンをお師匠とし、日々ご自身の感性と技に磨きをかける北川氏による、珍しいイラン音楽のライブ。特に14日のライブは、メンバー構成を見ても、コアな民族音楽ファンには「たまらない」も…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

一時帰国より戻りました。

一時帰国の東京より、テヘランに戻ってまいりました。 イランの暑い夏を抜け出したつもりが、今年は日本も猛暑でしたね。でも、もともと暑さには強い上に、帰国前に40度を越えるテヘランを体験していただけに、まだまだ行けそう!なんて思ってしまいました。 帰国中は、様々なライブに行き(中でも、テヘランで散々お世話になっている北川修一さん出演…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

『ジプシーを追いかけて』Vol.15 イラン編

またしてもご無沙汰しています。 例によってブログ放置状態が長く続いています。 …実は、現在一時帰国中で、日本での生活を満喫しています。 というわけで(?)「イランブログ」もしばらくお休み。 最近、「お知らせ&案内」記事ばかりが目立っていますが、今日もやはりお知らせ記事(笑)。 2~3月の「ジプシーの旅」の報告会「イラン…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

イラン写真紀行(その3)

今日の「写真紀行」は、「世界の半分」エスファハーンです。 前回の写真紀行で、アゼルバイジャン地方に興ったサファヴィー朝(1501-1736)のことと、その最初の都タブリーズ、その周辺地域を写真でご紹介しましたが、今日は、後に遷都しサファヴィー朝の都となったエスファハーンの風景をお伝えします。 エスファハーンでは、同王朝の豪華絢爛な文…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

イラン写真紀行(その2)

今日の写真紀行は、イラン西北部のアゼルバイジャン地方を主に取り上げます。 昨日巡ったカスピ海沿岸のアスタラ(アースターラー)、マースーレ村から西へ向かい、アルダビール州の州都、アルダビールを目指します。アルダビールはもともとアゼルバイジャン州だった場所。今でも住民の大半はアゼリー系(アーザリー、アゼルバイジャン系イラン人)の人々。街中…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

イラン写真紀行(その1)

今日から何回かに渡って、今年に入って旅したイラン各地の風景を写真でお伝えしたいと思います。 旅日記という形を取りたかったのですが、あまり時間も割けないし、季節はずれのネタが増えそうなので、とりあえず写真とキャプションのみをUP。今後時間が出来れば文章も加えていくかもしれません。 「イラン写真紀行」第一弾は、ノウルーズ(新年・西暦…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

イランでもピクニック?・・・&キャンピング

昨日アンカラの「ピクニック事情」(笑)について書きましたので、ついでに今日はイランでのピクニック事情について書こうかと思います。「ついでに」って書きましたが、実はこれ、ず~っと前から書こう書こうと思っていたものの、今まで書かずに暖め続けてきた(笑)ネタなのです。 さてさて、イラン人はアウトドア好き。これ、実際イランに住んだ人や、短…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

トルコ紀行~アンカラでピクニック?

トルコの旅の続きです。今日はアンカラ。とは言っても、たった一日滞在しただけでは街の深いところまで知ることはとてもできませんでした。が、今回はアンカラに詳しいトルコ人が一緒だったことや、前回の訪問と違い天候が良かったことなどもあり、2月の訪問時よりはアンカラに対する印象は良かった気がします。 さてさて、今回のアンカラ訪問で一番気にな…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

トルコ紀行~ディヤルバクル編

今年に入って旅が生活の一部となっているものの、ブログ上での旅の報告はまったく習慣化できていません。1月のmondoさん、りーずさんと行ったヤズドや、その直後のエスファハーン・シーラーズへの豪華旅行、ノウルーズ(新年)に行ったイラン北部地方、5月~6月にかけて友人達と周ったイラン各地など、全ての旅の軌跡を思い返して旅日記を書くことは、もは…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ペルシャン・ポップスにまつわるあれこれ

旅に明け暮れた5~6月。ブログのUP率が低いのは今に始まったことではないですが、それでも尚頻繁に訪れてチェックしてくださっている方がいらっしゃったら本当にごめんなさい。またイランから発信するブログだということで、例の誘拐事件についての記述を求めて訪れる方がいらっしゃったら本当に申し訳ないですが、こちらのブログではその話題は避けたいと思っ…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

パキスタン音楽のア・ラ・カルト

まだまだ旅の最中なのですが、一旦テヘランに戻ってきました。旅はもう少し続きますがとりあえず記事をUP。 今日も前回に続き案内記事となります。 いつも大変お世話になっている、私が尊敬してやまない和光/千葉大講師(南西アジア文化研究)の村山和之先生が、今週末(5月31日・土)、関口義人さん主宰の音楽夜噺にいよいよ登場されます。 テ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薔薇の里へ

旅の途中ではありますが、今日は写真をメインに旅の中間報告を。 ここのところ「旅ブログ」の様相を呈している当ブログ。旅話に関心がない方には申し訳ないのひと言ですが、何せ今年に入って実生活が旅続きなため、他の話題がなかなか提供できないのです。(気づけば今年に入って、なんと4月以外は全て旅に出ていた!) さて、イランに住むようにな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ジプシーを追いかけて』VOL.14

今日は案内記事です。 先日までこちらのブログで『ジプシーを巡る旅』を続けてきましたが、今月24日に渋谷UPLINKにて、関口さんご自身が取材の成果をトーク&映像で紹介されます。今回はトルコ編です。 こちらの旅日記で書ききれなかったことやお見せできなかった写真の紹介も多数ありますし、なんと言ってもミュージシャンの演奏シーンや集落の風景…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ジプシーを巡る旅(そして、果てのない旅の途上へ)

ブーシェフル第2夜。それは、熱狂的で生のエネルギーに満ちた海辺の音楽と、気さくなジプシー・ミュージシャンとの出逢いにより、今後の取材の成功をも予感させてくれる夜となりました。しかし、一夜明けてみると、またしても熱帯性の気候に呼応するかのような気だるい午後が、私たちの前に待ち受けていました。ともすると、限られた時間を無為に過ごすことに我が…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ジプシーを巡る旅(ブーシェフルの夜)

ブーシェフルに着いた翌朝、私たちはB氏等に紹介してもらった「ジプシー・ミュージシャン」からの連絡を待ちました。前の日の晩の打ち合わせでは、この日ミュージシャンが私たちの滞在先に現れてくれる予定だったのです。しかし時計の針が進んでも当のミュージシャンA氏が現れる気配はありませんでした。電話番号を伝えられていたアリレザに連絡を取ってくれるよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more