ETHNOMANIA

アクセスカウンタ

zoom RSS ジプシーを巡る旅(アンカラという場所)

<<   作成日時 : 2008/04/04 21:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像イズミールでの調査を終えた次の日、私たち3人は飛行機でトルコの首都アンカラへ向かうことになりました。旅の「導入」の部分でも書いたとおり、クルド地区の不穏な状態を懸念し、当初訪れる予定だった南東部のディヤルバクル行きを取りやめた結果、アンカラを急遽次の調査地域として決定したためです。
国土が東西に長いトルコ。エーゲ海沿岸の都市である、明るい陽光差すイズミールから、まだ冬を越せず寒気の残る、丘陵に囲まれた内陸のアナトリア高原への旅は、トルコという国の多面性を体感するには十分の効果がありました。

しかし正直、私のアンカラという首都自体に対する印象は、あまり良くないものでした。
海辺の都市出身で、現在イスタンブール在住のMくんも、「アンカラはただの行政都市だからつまらない。自分は、海に面した都市でないと息が詰まる・・・」といった発言を繰り返していましたが、私も同様。
行政府の巨大な建物が並ぶ味気ない大通り、欧米系の高級ホテルと大使館が立ち並ぶ華やかな一画、アタチュルクの銅像が見下ろす、車の往来が多いスクエア。一見、急成長を遂げる国の首都にふさわしい威厳があるかのようにも見えるものの、一方では、商業地区に残る前時代的な冴えない雰囲気や、旧共産圏の国々にあるような灰色の建築群からなるショッピングモールがあり、そして、大通りから一歩裏道に入ると、崩壊寸前の家屋が立ち並び・・・
私たちがアンカラでの宿としたホテルは、まさにそんな場末?の雰囲気が漂う裏通りに面していました。
ただし、「ホンモノ」のアンカラ、あるいはアンカラの真実の姿を知るには、これほど適した地域はなかったかもと思われます。実際、我々のホテルの割合傍に、ジプシーの集落が控えていたことを後で知ることになるのです。そして、昼間から中年男が集ってチャーイを啜る姿がガラス越しに見渡せる簡素なチャイハネ、歌手や踊り子のけばけばしい写真を掲げた怪しげなダンスホール、ライブハウス(どちらも実はストリップ系の劇場だと思われる)が、ホテルの周囲には多数散在していました。

アンカラに対する良くない印象は、実際には、移動日の朝、風邪のせいで38℃の熱を出してしまい体力が落ちていたせいかもしれなかったし(この風邪には、この後旅の間中悩まされることになる)、しとしとと降り続く冷たい雨のせいだったかもしれません。

いずれにしろ、アンカラでの調査の滑り出しは、先行きが懸念されるものでした。
急の事態のため、この街に到着する以前にジプシーの団体やアソシエーション、ファウンデーションの存在は確認できていなかったし、唯一情報源として頼りにしていた行政機関も、訪れてみると土曜日であったため休業状態。
しかし、「さて、どうしよう??」・・・という行き詰った状態になった時、関口さんの過去の豊富な調査経験から、解決策が導き出されたのです。

それが如何なる方法であったかはまた次回・・・

写真:イズミールの街角の花屋。(ジプシーかどうかは確認できていない。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして!「地球散歩」さんのリンクからやって来ました。トルコ在住のyokocanと申します。
トルコのロマを訪ねる旅、楽しませて頂いています。トルコで最初に住んだ町が、トラキア地方・ダーダネルス海峡沿いの町だったのですが、そこにもたくさんのロマの方達が住んでいまして、しかもうちに掃除に来てくれていたおばさんがロマの方だったということもあって、元々好きだったロマの音楽やダンスに益々興味を持ち始めました。夏の夕方になると、ロマの集落からはあの独特の音楽が聞こえてきたりして、とっても懐かしいです。
ところで、旅の予定に入っていたディヤルバクルですが、実は私はその町に住んでいるんです。この町にもロマがいるってことは、初耳で、ビックリしております。彼らの集落があるってことなんですよね!?近くなら訪ねてみたいと思うのですが、支障がなければ、どの村だとか教えて頂けないでしょうか?
いきなり初コメントで長々とすみません。またお邪魔させてください。
yokocan21
URL
2008/04/06 06:13
お返事が大変遅れてしまい、申し訳ありません。まず、『地球散歩』からリンクを辿って来て頂いたことに感謝です!
現在ディヤルバクルにお住まいだという方が、偶然このブログに辿り着いてくださった事実に驚き、また大変興奮しています。さらに、以前はトラキア地方にもお住まいだったとは!旅日記の続きでもいずれ触れますが、今回のトルコでの調査旅行はトラキア地方(クルクラレリ・エディルネ)で終わりました。あの地方はロマが大変に多いそうですね。夏の夕方にロマ音楽が聴こえてくる日常、羨ましい想いです。
ディヤルバクルの集落についてですが、申し訳ないことに、今の時点でははっきりした場所等をお伝えすることができません。今後情報が確定するようでしたら、お伝えできるといいなと思います。むしろ、ディヤルバクルや周囲のクルドの街について(ロマのことのみならず)、yokocan21さんにいろいろ教えを請いたいです。今後もよろしくお願いいたします。
elly→yokocan21さん
2008/04/08 01:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Welcom Map

welcommap
Welcom Map
ジプシーを巡る旅(アンカラという場所) ETHNOMANIA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる