ETHNOMANIA

アクセスカウンタ

zoom RSS 地中海の誘惑〜L'HAM DE FOC〜

<<   作成日時 : 2005/10/21 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

画像
『Cor de Porc』 L'HAM DE FOC
1.彼らは望んでいたのに Voldrien
2.口は厄 Per la boca
3.パンデーロ Pandero
4.理由 La Rao
5.縫いなさい Cus!
6.悲しい瞳 Tristos ulls
7.鴉の恋人 L'estimat del corb
8.今はまだ Encara
9.昼と夜 Jorn e nit
10.風の物語 Historia curta d'un vent
11.ミントの天使 Angels de menta
12.この世で唯一のまともな魚 L'unic peix no foll del mon


今日はNAKAさんの真似っこをして、CDのご紹介でもしちゃおうかなと思います。
以前、もっとも好きな音楽はフラメンコ(コテコテの伝統的なフラメンコというよりは、フラメンコ・テイストを取り入れた、ラテン・ロックの類が一番好き)と書いたことがありますが、その関連もあり、スペインのものは、フラメンコ以外にもなるべくチェックするようにしています。

そんな中、わりと最近購入したCDの中で、気に入ってヘビーローテーションで聴いているのがこのL'HAM DE FOCの3rd.アルバム『Cor de Porc』(05年)。(どっちがタイトルだかわかんないな〜。)
最近は、バルセロナで活躍するミュージシャンが世界的に注目されてますよね。今年、来日したOjos de Brujoが有名ですが、このL'HAM DE FOCはバルセロナより少し南、バレンシアの出身のようです。

しかし、おススメなんて言いながら、実のところ、タワレコでこのCDが並べられてるのを見るまで、このバンドのこと一切知りませんでした。店員のコメントとジャケットを見て、ジャケ買いしたようなもの。(このジャケット、ちょっとステキですよね)
でも、家に帰り、プレーヤーの再生ボタンを押し、最初のフレーズを聴いた途端、久しぶりに戦慄を感じるほどの衝撃と、「コレだ!」というインスピレーションを感じました。

流れてくるのはサズブズーキなどのバルカン系の楽器の音色。それに、スペインの歌手にしては珍しく、多少の(多少、ですよ)コブシを効かせて、アラブ調の旋律に乗って歌う女性ボーカル(歌詞はおそらくカタルーニャ地方の言語、カタランだと思います。スペイン語の対訳が載っています)。間奏で響いてくるダブル・リード系の笛の音(何の楽器かは詳細分からず)、などなど、オリエンタル&エキゾチックな魅力に溢れた音が次から次にこれでもかと耳に迫ってきます。5の『Cus!』では、楽曲をグングンとリードしていくオスマントルコの軍楽隊のトランペットを思わせるメロとリズムが圧巻です。

このグループ、アラブ・中東の弦楽器のマルチ・プレーヤーであるリーダーのエフレン・ロペスと、主に歌詞と歌を担当するマーラ・アランダが中心となったグループ(ライナーノーツによる)らしい。いずれのメンバーも、伝統音楽ルネッサンス音楽への造詣が深いとのことで、重層的なサウンドを聞かせてくれます。

ちょっと聴いただけでは、アラブトルコかの音楽かと勘違いしてしまいそうなくらいなんですが、よ〜く聴いてみると、確かにリュートなどのスペイン・ルネッサンス調の楽器も使われていて、ウ〜ンとうなってしまう。それに、勘違いかもしれないけれど、ガリシア地方のケルト音楽さえも想像させる楽曲もあります(9の『Jorn e nit』)。私が好きなプログレ調の(曲の編成がなんとなく)曲もある!(11の『Angels de menta』)聴けば聴くほど、奥深く多層的なのです。

私がこのブログでしつこいくらいに言っている文化の融合と、融合しつつも個々の個性がポリフォニックに響きあう多層的なサウンドが聞けて、大満足の1枚でした。

で、ここまで気に入ったら、このグループの過去のCDも当然のように欲しくなります。ライナーノーツによると、「スペイン中世音楽をベースにアラブやバルカン、セファルディ、ロマ音楽などの音楽が渾然一体となった、まさに凡地中海音楽としか言いようのないものだった。」らしい02年リリースの2nd.アルバム。欲しい!
これまたライナーノーツによると、ライターさんは渋谷のワールド・ミュージック専門店エル・スール・レコ−ズで奨められて聴いてみたのが、このバンドを知ったきっかけとのこと。では、私もエル・スールへ行ってみよう!と思い立ち、いそいそと渋谷に出かけたのでした。。。。が、残念ながら過去のアルバムは現在品切れ状態だそう。またの入荷を期待しようと思いつつ、今夜も『Cor de Porc』を聴くのでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
バルセロナは私も大好きな街でもあります。
・・でも考えてみたら、スペ語の
音楽、、持っていないかも!?

★100年の予言お勧めですよ。是非是非
そしてご丁寧にありがとうございました。
また是非サルマーレ以外にも色々ルーマニア
料理挑戦されてみて下さいね。
http://go2rumania.exblog.jp/
go2rumania
2005/10/22 06:11
バルセロナは刺激的な街ですよね。最近は音楽的にも地中海の中心地となっているようです。19世紀末のバルセロナみたいにアーティストが集まる環境が整っているのでしょうね。
100年の予言、必ず読みます。お料理、次はミティティに挑戦してみようかな?
elly→go2rumaniaさん
2005/10/22 18:13
おーっ!!なかなかよさげでありますねえ。
アラブ→→→インドネシア/マレーシアの流れの興味の後に,アラブ→スペインに向かいたいと思います。(いつになるんだっ!!)
NAKA
2005/10/22 18:28
NAKAさんのブログ形式、パクっちゃってスミマセン。たまに偏愛音欲機構番外編をこちらでやらせてください。
elly→NAKAさん
2005/10/22 18:52
ノープロブレム。
というより,ellyさんの音楽記事をみんな求めてますよ。個人的にも是非お願いします。
NAKA > ellyさん
2005/10/22 20:29
暖かいお言葉、ありがとうございます!(うるうる)
たいした記事は書けませんが、好きな音楽をご紹介して、気になったものを聴いていただくきっかけを作れるよう頑張ります!!
elly→NAKAさん
2005/10/22 20:54
>音楽的にも地中海の中心地
そうだったのですね、知りませんでした♪
ミティティ是非是非♪

★ウルルン観られたのですね。
私は次の帰国時まで結局お預けです。
なぜ観れないのだろう;;;
お仕事他 個人的なことはBlogに
書いていないんです。ラジオでも
話していないので、Generalなこと
だけなんですよ。
またコメントいただくときURL貼って
頂けると助かります。
go2rumania
2005/10/23 00:11
ミティティおいしかったのでトライしたいお料理のひとつです。
DVD観られないのは残念ですよね。
個人的なことは。。。勿論そうですよね!でも、ラジオはとっても楽しみにしていますよ♪それにしても、あのパンが食べた〜い!!それから、URL、忘れずに記入するようにします。ご迷惑おかけいたしました。
elly→go2rumaniaさん
2005/10/23 14:45
はじめまして、questaoと申します。
ellyさん同様エスノやエキゾものにここのところハマり出した僕にとって、とても興味深いお話ばかりでした。
おそらく今後もうろうろと覗きに参りますので、いろいろご紹介下さい!
何より、L'ham De Focの新作は僕もへヴィローテで聴いておりまして、記事を見つけて嬉しかったですよ!
僕は前作を聴いてからのファンなんですが、やっぱり最初に聴いた時のインパクトは忘れることが出来ませんね。中世からの時間の堆積が音の層となった重厚さにいまだに圧倒されております…。
questao
2005/10/28 00:46
ご訪問ありがとうございます。やっぱりこのアルバムいいですよね!聴き応えありますよね!それに、とってもインテリジェントな音作りだと思います。
questaoさんのコメントを読み、ますます2nd.
アルバムが聴きたくなりましたよ。2nd.の方が凡地中海色が強そうですもんね♪
questaoさんはエスノやエキゾを感じさせるお気に入りのもの(音楽以外)や、特定の好きな地域はありますか?
elly→questaoさん
2005/10/28 13:31
ぜひ2nd.も聴いてみて下さい。
汎地中海色もトラッドフォーク色もこってり味わえると思います。

お気に入り…、何でしょうか、大していろいろ旅している訳ではありませんが、やっぱり海外に行くと(卑しいので)食べ物や酒に興味が向かってしまいます。
あとは、「文字」フェチかも知れません。
インドやチベット、最近ではアラビア文字を見るとつい興奮して書き写したくなってしまいます…。
あとは、ellyさんもお好きなロバ!
やっぱロバですよね!
僕は家に旅行土産で買って来たロバグッズのコレクションが出来つつあります。
とくにトルコで見たグレーのロバなら飼いたいぐらいですね。

好きな地域というか行ってみたいのは中南米や中近東、北アフリカのマグレブ諸国なんかです。(大雑把すぎ、ごめんなさい)
そう、その辺をロバが歩いてそうな地域、でしょうか。
インドは明日にでも行きたいぐらいです。
questao
2005/10/30 03:25
長いコメント・バックありがとうございました。ロバ、ほんとかわいいですよね〜。ロバ・グッズのコレクションですか!どんなものがあるのしょう??私は、ロバがラクダのキャラバンを引き連れた木彫りの置物を持っていて、それがお気に入りです。そのうちさりげな〜く、ブログに登場させようと思ってますよ。
あと、questaoさんがおっしゃるよう中東、マグレブ、地中海、それからなぜかスペイン語圏ってロバをよく見かけますね。生活に溶け込んでますもんね。
ギリシアでロバに乗った時は感動したけど、かわいそうでたまりませんでした。。。でもロバって人を見るのか、私が「かわいそう」なんて気の弱いことを思っているのを感じ取って、すっかりなめられてしまいました。(とほほ)ロバ、大好きなのでついつい話が長くなっちゃいました〜☆
文字フェチ、mee,too.遺跡の碑文見て撫でて涙流してます。
2nd.アルバムなかなか手に入らないのですが、見つけたら即購入する予定です!そのときは感想記事載せますね!
elly→questaoさん
2005/10/30 20:27
ellyさん、どうもです。
ようやくラム・デ・フォックの周辺までやってきました。二年半要しました(笑)。
ラム・デ・フォックとエスタンピーのプロジェクト「アル・アンダルース・プロジェクト」のアルバムを一昨日購入しました。
questaoさんとellyさんのやりとりも再読(?)し、なるほどなーといった感じです。今さらではありますが。
NAKA
2008/05/02 18:33
うわ〜!この記事、今読み返すとなんだか恥ずかしいですね〜・・・。でも、遡ってコメントしてくださってありがとうございます。しかしよく覚えてらっしゃいましたね、この記事のこと。 >「アル・アンダルース・プロジェクト」
なんですか、これ?・・・ていうか、L'HAM DE FOC好きを公言しているのに知らないっていうのもなんだか・・・ですが。もうここのとこ、ワールドミュージック界の情報からすっかり取り残されています(というか他の情報もよほど意識的に集めないと、世間のことがさっぱり解らなくなる国、それがイラン)
一時帰国時には「アル・アンダルース・プロジェクト」のアルバム、購入間違いなしです!(夏に帰るかも)
questaoさんとのやりとりってロバの話しかしていないような気が(笑)。
elly→NAKAさん
2008/05/03 04:41

コメントする help

ニックネーム
本 文

Welcom Map

welcommap
Welcom Map
地中海の誘惑〜L'HAM DE FOC〜 ETHNOMANIA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる