テーマ:神話

豪華絢爛・壮大なインド神話の世界④

久しぶりのインド神話ネタです。前回の更新はなんと6月!しかも、コメント欄を読み直してみたら、近いうちにまた更新します、なんて予告しているし・・・。うそつきですな。 今回登場して頂くのは、不思議キャラ満載のインド神話の中でもひときわ異彩を放つ・・・というか、異形のキャラ、ガネーシャさんです。前回に続き今回も女神を特集する予定だったの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

あけまして おめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。 去年に続き、日の出のおめでたい写真を載せたかったのですが、あいにくもうレパートリーがないっ! ・・・ってことで、インド神話からおめでたいキャラクターに登場して頂きましょう(笑)。 ラクシュミーさんです。 ラクシュミーは「幸福」を意味し、シヴァ神と並ぶ最高神格・ヴィシュヌ神の妻とし…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

豪華絢爛・壮大なインド神話の世界③

ワールド・カップもいよいよ目前。 街中がジャパン(SAMURAI)・ブルー一色になってきましたね~。 スポーツにまったく関心がないように見える当ブログ管理人。 いや、私運動神経鈍いんで、スポーツ全般には確かにあまり興味がない。 しかし、サッカー、特にW杯となったら、話は別ですよ。世界的なお祭りですもんね! それに旅をしていれば…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

豪華絢爛・壮大なインド神話の世界②

前回のインド神話に関する記事より、2ヶ月近くも経ってしまいました。 10年以上前、たった一度インドへ旅した際にカメラに収めた、数少ない写真資料を元に神話を語る形を取ったので、トピックにする神話を選び出すことになんとなく躊躇いを覚えていました(要するに面倒くさかった)。そうこうするうち気付けばこんなに時間が経ってしまったのです。もし楽し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ノウ・ルーズ(イランの新年)

昨日21日は、イランの新年の始まり、ノウ・ルーズ(نو روز)の日でした。 「21日」とは言っても、実は新年の始まりの正確な時刻(秒単位)までが、太陽の動き(太陽が春分点を通過する時刻が新年の始まり)によって毎年決められていて、「イランという国で」のsarasayaさん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

豪華絢爛・壮大なインド神話の世界①

第一回目は、ヴィシュヌ神が登場するお話です。 ヴィシュヌ神と言えば、有名なシヴァ神(仏教で言えば不動明王や雷神に喩えられる)と並ぶ、ヒンドゥー教の数多い神々の中でも最重要な神格です。以前、『ナマステ☆インディア 2005』の記事で、ギリシアのヘラクレスとも比較されるクリシュナ神について言及しましたが、クリシュナ神もヴィシュヌ神の化…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

豪華絢爛・壮大なインド神話の世界~導入~

このブログをいつもご覧になってくださってる皆さんは、インドへ行かれたことがありますか? インドへ行かれたことがある方は街中の至るところに神々が存在し、人々が神々と共に生きていることに少なからず衝撃を受けられたことと思いますし、現地に行かずとも、インドと言えば個性豊かなキャラクターの神々からなるパンテオンに興味を覚えられた方もいらっしゃ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

新年と言っても・・・

年が明け、新しい年の三箇日も、早くも終わろうとしています。 皆さんはお正月らしいことを何かされましたか? 私の住む町は、この3日間、東京とは思えないくらい静まり返っていました。日頃の喧騒が嘘のようです。故郷に帰って家族と過ごす正月もいいし、実際にお正月に海外に行ったことはありませんが、海外で年を越すのもいいなと思います。でも、普段と…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ギュスターヴ・モローの絵画に現れるエキゾチシズム

カレーの話が続き、我ながら少し飽きてしまったので、今日は別のお話をしたいと思います。あと一種類を残すのみの時点ですみません。明日カレーの続きはやりますから。 先日、渋谷の文化村で今月23日まで開催中のギュスターヴ・モロー展に行ってきました。当展覧会では、パリの国立ギュスターヴ・モロー美術館所蔵作品より約160点が展示されていま…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ナマステ☆インディア 2005 Part.2

一昨日、記事に書いたナマステ☆インディア、大盛況のうちに終了したそうです! ほんと、楽しいイベントでしたもん♪ 東京って、なんでもあるな~。 そして、こういった催しを企画し、実行していこうとする方々のエネルギーに感服! 私は残念ながら、2日目には会場に足を運ぶことができませんでしたが、関心のあるステージはたくさんありまし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more