テーマ:ジプシー

「音楽活動」@アテネ

前回、「音楽活動」などという仰々しいタイトルを付けてしまったところ、数名のミュージシャンの方が見に来てくださった形跡があったので、とても恐縮しています。ご覧の通り、音楽活動・・・どころか、音楽リサーチにもなっていませんから!前もって言いますが、今回も同じラインで行きます(笑)。何しろ、音楽を中心に据えた旅というわけではなかったので。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

『ジプシーを追いかけて』~『オリエンタル・ジプシー』刊行記念イベントのお知らせ

最近、お知らせ記事が続いています。 イラン・レポもやらなきゃなんですけど、現在、夏に東京を「激しく」遊びまわった疲れが出て、またラマザン中につき行動力が著しく低下中です。 さてさて、今日の本題です。 今月20日に行われる、関口義人さんの恒例イベント「ジプシーを追いかけて」のお知らせです。 今回は、『オリエンタル・ジプシー』の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『ジプシーを追いかけて』Vol.15 イラン編

またしてもご無沙汰しています。 例によってブログ放置状態が長く続いています。 …実は、現在一時帰国中で、日本での生活を満喫しています。 というわけで(?)「イランブログ」もしばらくお休み。 最近、「お知らせ&案内」記事ばかりが目立っていますが、今日もやはりお知らせ記事(笑)。 2~3月の「ジプシーの旅」の報告会「イラン…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

『ジプシーを追いかけて』VOL.14

今日は案内記事です。 先日までこちらのブログで『ジプシーを巡る旅』を続けてきましたが、今月24日に渋谷UPLINKにて、関口さんご自身が取材の成果をトーク&映像で紹介されます。今回はトルコ編です。 こちらの旅日記で書ききれなかったことやお見せできなかった写真の紹介も多数ありますし、なんと言ってもミュージシャンの演奏シーンや集落の風景…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ジプシーを巡る旅(そして、果てのない旅の途上へ)

ブーシェフル第2夜。それは、熱狂的で生のエネルギーに満ちた海辺の音楽と、気さくなジプシー・ミュージシャンとの出逢いにより、今後の取材の成功をも予感させてくれる夜となりました。しかし、一夜明けてみると、またしても熱帯性の気候に呼応するかのような気だるい午後が、私たちの前に待ち受けていました。ともすると、限られた時間を無為に過ごすことに我が…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ジプシーを巡る旅(ブーシェフルの夜)

ブーシェフルに着いた翌朝、私たちはB氏等に紹介してもらった「ジプシー・ミュージシャン」からの連絡を待ちました。前の日の晩の打ち合わせでは、この日ミュージシャンが私たちの滞在先に現れてくれる予定だったのです。しかし時計の針が進んでも当のミュージシャンA氏が現れる気配はありませんでした。電話番号を伝えられていたアリレザに連絡を取ってくれるよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジプシーを巡る旅(海辺の旧市街へ)

シーラーズでの調査を終えた私たちは、次の目的地、ペルシャ湾岸の街ブーシェフルへ車で向かうことになりました。シーラーズから約300kmほど南西に下ったところにあるブーシェフルへ向けて私たちが出発したのは、午後4時を回っていたと思います。例によってグダグダな時間を親戚宅で過ごし(以前の日記を参照してくださいね)、「ブーシェフルに本当に行くの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジプシーを巡る旅(ガシュガーイーという人々)

前回予告したように、今日は主にガシュガーイー族のことを書いてみたいと思います。 シーラーズ市内や近郊に多く住むガシュガーイーという人々がどういう人々なのか、写真を提示しながら(主に衣装の紹介になりそう)簡単に書いてみたいと思います。今日は先に予告しますが、写真中心になります。 一般にガシュガーイーと言えば、「遊牧民」として認識さ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ジプシーを巡る旅(新たなジプシーとの出逢い)

ヌスラットの希望により観光旅行で幕を開けてしまったイランのジプシー取材。しかし実は、シーラーズに到着したその日の夜、すでに今後の取材のある程度の成果を予感させるような人物との出逢いがありました。 シーラーズ市内の観光を終え疲れてホテルへ帰ってきた10時過ぎ、ザルギャルの親類の一人がホテルを訪ねて来ました。浅黒い肌に顎鬚・頬髯をはや…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジプシーを巡る旅(こぼれ噺~ジプシーとの旅)

今日は「こぼれ噺」ということで軽めの話題を。 それと以前予告していたとおり、2月に書きかけのまま終了できなかった前回のシーラーズへの旅日記を補足する意味も含め、ふたりのザルギャルと巡ったシーラーズの旅の記録を写真と共に記したいと思います。というわけで、今日の話題は直接的にはジプシー取材とは関係ありませんのでご了承を。 関口さんが…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ジプシーを巡る旅(ザルギャルにまつわるあれこれ)

イランでの「ジプシーを巡る旅」。具体的な旅のマップを描き始める前に、旅に出る前の出来事について少しだけ書いておきたいと思います。 旅そのものを描いて行った方が、楽しく興味深い日記になることは解っているのですが、旅の記述を始める前段階として、今回書くことは最低限必要な予備知識を含む内容だと思うのです。 さて先日も書いたとおり、約2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジプシーを巡る旅(イランの調査の鍵を握るのは・・・)

「ジプシーを巡る旅」もトルコ編を終え、いよいよイランへ入ります。すみません、まだしばらく終わらないんです(笑)。 半月ほど前に「ジプシーを巡る旅」の導入部分を書いた際、関口さんにとってトルコに続きイランもまた2回目の調査・取材旅行となった旨を記しました。また、今回のイランの調査では、驚くべき発見があったとも記しました。それは、ジプシー…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

ジプシーを巡る旅(ミュージシャンを巡っての「珍道中」)

トルコ滞在最後の日。この日のスケジュールは、イスタンブールでのミュージシャンへの取材。 Mくんは当然のこととして、関口さんも、私にとってさえも、イスタンブールは慣れている場所であったにも関わらず、この日の取材行程は、トルコの旅の中では最も時間や諸事情に振り回された・・・というか、なかなかの珍道中となりました。 関口さんは前回のト…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジプシーを巡る旅(国境の街)

トラキア地方2箇所目の訪問先は、ブルガリアとの国境の街、エディルネ。クルクラレリからさらに西へ西へと車は田園地帯を走り抜け、1時間ほどでエディルネの街に到着しました。 国境の街にはどこも独特の雰囲気が漂っているものですが、このエディルネも然り。勿論、国境地帯が不穏な地域では(中東ではそういう国が殆どだと思われるけれど)、国境沿いでは物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジプシーを巡る旅(ミュージシャンの里へ)

アンカラでの取材を終え一旦イスタンブールへ戻った次の日、私たちは次なる目的地、トラキア地方へ向けてMくんの運転する車で出発しました。ここで、キュートな旅の道連れが一人加わることになります。人物像について詳細は書きませんが、若い女性が加わった旅には(私自身が「若くない」という意味ではない!)、ほんの少し春めいた華やかな雰囲気が添えられまし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ジプシーを巡る旅(都市の抱える矛盾)

アンカラにあるジプシーの集落の情報を花屋と靴磨きから得た私たちは、早速に車での移動を開始しました。 その日の行動の詳細な記憶が今となっては私の中で曖昧になってしまったのですが、まずは集落があると聞いた地区、フドゥルク・テペ(「テペ」はトルコ語で、「丘」)という場所へ向かいました。 丘の麓に事務所を構えたフドゥルク・テペの長(この地区…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ジプシーを巡る旅(「情報屋」の探し方)

「花屋と靴磨きだ!」 これは、ジプシーの集落に関する情報源が途絶え、アンカラでの調査が行き詰りそうになった時、関口さんの口から発せられた言葉。 トルコでの調査が2回目の関口さんは、前回の調査で目にしたジプシーたちの職業の多くが、街角に座り込む花屋と靴磨きであったことを我々に告げます。また、トルコ人であるMくんも、この事実に関して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジプシーを巡る旅(アンカラという場所)

イズミールでの調査を終えた次の日、私たち3人は飛行機でトルコの首都アンカラへ向かうことになりました。旅の「導入」の部分でも書いたとおり、クルド地区の不穏な状態を懸念し、当初訪れる予定だった南東部のディヤルバクル行きを取りやめた結果、アンカラを急遽次の調査地域として決定したためです。 国土が東西に長いトルコ。エーゲ海沿岸の都市である、明…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジプシーを巡る旅(過去に対する関心)

ウルラの集落を訪れた翌日。再び朝からロマ・カルチャー・ファウンデーションを訪れます。 この日、Y氏との短い会談の後、事務所に新たな面々が訪れました。 スーツ姿できっちりキメた彼らは、イズミールから南に車で1時間強の場所にある、セルチュクという街に住むジプシーたちの代表ともいえる人物でした。 セルチュクは、イオニア人が建てたヘレ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジプシーを巡る旅(初めての集落訪問)

2月の終わり、約3日間(関口さんは1日半)滞在したイスタンブールの街を後にして、DoublemoonのMくんと共にイズミールへと旅立ちました。イズミールは、エーゲ海に面した人口100万人以上を有する工業貿易都市であり、場所柄、古くからギリシャ・ローマなどの地中海諸国との関係性が深い歴史も抱えています。 1年ほど前に、やはり「ロム」…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ジプシーを巡る旅(導入)

今だ殆ど頭の中の整理も気持ちの整理もできていない「ジプシーを巡る旅」ですが、今日から少しずつ何かを記していこうと思います。 始めにまず書いておかなければならないことは、ブログという場はミクシィなどの日記と違って、個人的に友人・知人である方以外には書き手の素性が明確でないため、話が見えにくいこともあるだろうということ。旅日記を書くの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「GOLDEN WORLD WEEK」も終わり・・・

GW、あっという間に終わりましたね~。 GW期間中、東京ではワールド音楽系のイベントが続きましたが、私はその殆どを逃してしまいました(涙)。いろんな方のレポを読ませて頂いてると、「あれもこれも行っときゃ良かった。」と後悔しまくりです・・・。が、まあ仕方ない。 でもでも、UPLINKで開催中の「GOLDEN WORLD WEEK …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

音楽に溢れた週末(ジプシーとケルト)

本格的に寒くなってきましたね~。そして、街中はクリスマス・モード。まあ、アラビア語習ってるような私には、クリスマスなんて関係ないですけど?? 先週末は、そんな寒空を吹き飛ばすようなホットな音楽と、(私には関係ないけど・笑)クリスマスにぴったりな音楽を、土日両日で楽しんで来ましたよ♪ まず、土曜日はいつもの音楽夜噺へ。この日は今年最後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ジプシーを追いかけて-アラブ世界のジプシー』

12日(日)に、『ジプシー・ミュージックの真実』『ブラスの快楽』の著者、関口義人さん(音楽評論家・ジプシー/ロマ研究家)の報告会「ジプシーを追いかけて-アラブ世界のジプシー」に行ってきました。(at 渋谷UPLINK) 関口さんは、主にバルカン半島におけるジプシーの集落を多数訪れ、詳細なフィールドワークを続けてこられました。ジプシ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画『愛より強い旅』

映画が公開になり随分時間が経ってしまいました。 去年のうちに映画の感想をレポしようと思っていたのに、病気・その他ですっかり遅くなってしまいました。そうこうしているうちに、既に頭の中の映像や音楽が消えつつある・・・ ひゃ~!早いとこ書いとかなきゃ! 邦盤のサントラが発売された際に、この映画の音楽については書いておきました。もしよ…
トラックバック:4
コメント:13

続きを読むread more

『愛より強い旅(EXILS)』

『愛より強い旅(EXILS)』サントラ盤(日本発売は05年) 01.EXILS はみだし者 02.UN,DOS,TRES NADA MAS 1,2,3 それで終わり 03.MANIFESTE マニフェスト 04.NOIR ET BLANC 黒と白 05.QUIN QUIN キャン・キャン(可愛いマイ・ベイビー) 06.C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彩の国ワールド・ミュージック・フェス

フェスから早一週間が経ってしまいました。もはや遅すぎる感、大ですが、今日は「ジプシーの季節」以外のレポを足早にやってみたいと思います。 8日(土)9日(日)の2日間にわたって行われたフェスのうち、私が足を運んだのは2日目。 当日は小雨とはいえ、あいにくの雨模様。 野外で予定されていた多くのイベントが屋内で行われていました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

彩の国ワールド・ミュージック・フェス~ジプシーの季節 time of gypsies~

今日はいよいよ3部のファンファーレ・チョカリーアです。 フェスが終わって早5日。レポ遅すぎです。しかも、ライヴ以外の催しのレポという使命も私にはまだ残されています!あと2日間お付き合いくださいね。 ファンファーレ・チョカリーアの公演が始まる前、すでにステージに用意されたマイク・スタンドの数を見て、驚いていた。1,2,3,4.…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

彩の国ワールド・ミュージック・フェス~ジプシーの季節 time of gypsies~

今日は、昨日に引き続き「ジプシーの季節」の模様をお伝えします。昨日の文章では、会場の様子を描写しませんでしたので、今日はその辺りもまじえて書き進みたいと思います。(今日は写真がありません。) 2部のピエール・ブランシャール&ドラド・シュミットの演奏は、今回のライヴの中で、文句なく最高のものでした。昨日、「ドラド・シュミット カルテ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

彩の国ワールド・ミュージック・フェス~ジプシーの季節 time of gypsies~

ブログの即時性を利用できず、ライヴのご報告がすっかり遅くなってしまいました。ライヴレポのようなものは、早いに越したことはありません。自分の中でも感動の波が徐々に退いていってしまうからです。 とはいえ、感動を追体験させて頂くためにも、遅ればせながら(そして勝手ながら)、先週末8日9日に行われたフェスのご報告をさせていただきますね☆ …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more