寒波とアーシュラー

ヤズドに続き、また一週間ほど旅に出ていました。イランのみならずイラクをも襲った寒波に飲み込まれ、予定の飛行機が5時間近くも遅れるなどのハプニングもありつつ、無事旅を終えテヘランに戻りました。今回の旅は、「イランと言えば・・・」というオーソドックスな行き先に絞り込みました。エスファハーンとシーラーズ、そしてシーラーズの周りに点在する古代遺…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

ここ2ヶ月ほどの音楽活動(?)メモ

ヤズドへの旅行記にもまだ取り掛かっていませんが、それよりもずっと延ばし延ばしにしていた音楽ネタを先に持ってきます。とは言っても、タイトルに示したとおり、今回はあくまでも「メモ」です。しかも、ここ2ヶ月間ほどの間に自分が何をやっていたか忘れないための、自分のためのメモ。今後、時間が許す限り補足していくかもしれませんが、今日のところはメモ(…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

お詫び

一昨日の記事にたくさんコメントを頂き、ありがとうございました。 コメントへのお返事をしたいのですが、今日になり、なぜかブログが正確に表示されず(私のパソコンかサーバー側の問題かは不明)、コメント返しができない状態になっています。 お返事に今しばらく時間がかかる可能性がありますので、どうぞご了承ください。 新規投稿はできるような…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

大雪のテヘランより新年のご挨拶

気が付けばもう今日は1月6日。新年のご挨拶がすっかり遅れてしまいました。今年はイランで新年を迎えたこともあり年賀状なんて出さなかったし、年末年始にかけていろいろ忙しかったので、メールでのご挨拶も殆どしていない状態です。私信になりますが、私の個人的な友人・知人の方々には大変失礼ながら、ひとまずはブログ上でのご挨拶にてお許し下さい。 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

犠牲祭と冬至とクリスマスと

またしても一ヶ月以上更新をサボってしまいました。もはや自分のブログを開くのさえ恐ろしくなっていた(笑)。 このどうしようもないサボり癖に加え、寒さに異常に弱い私は、ここのところ引きこもり気味な毎日を送ってます。勿論、用事があれば出かけますが、用事がなければひたすら家にこもっていたい(笑)。 イランの気候に対する一般的なイメージがどん…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

ハーフェズ

イランの詩人ハーフェズについて、『地球散歩』に書かせて頂いてますので、よろしければそちらも読んでみてくださいね! イランの詩についてはいろいろ書きたいことがありますので、いずれこちらでも扱います。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

テヘランのカフェ・ライフ

気分を変えて、今日はテヘランのカフェ事情を・・・。 私は本来、紅茶もコーヒーも大好きなのですが、コーヒーの方が圧倒的に好きだったりします。特にカフェラテやカプチーノなどミルク系のコーヒーが大好き。 イランでは、家庭でも外出先でもコーヒーよりも紅茶が出されるのが一般的ですが、美味しいコーヒーが飲める店もないわけではありません。コーヒー…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ケルマンシャーへの旅

また間が開いてしまいました。 私が生活を始めた当初、日本より一足先に秋を迎えたと思っていたテヘランだけど、その後、深秋の訪れを告げる雨も降らず、まるで季節が止まってしまったかのような日々が続いていました。先日、そんなテヘランを抜け出し、イラン西端部の山岳地帯に位置するクルド人の街ケルマンシャーへ、短い旅に出てきました。 旅路を一緒に…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

イラン版“漢方薬局”

今日のタイトル、かなりヘンです。 「イラン版漢方薬局」なんて書きましたが、文字通りイランで漢方薬を扱っているお店を指しているのでなく、薬草など植物由来のお茶(ハーブ・ティー)や、スパイスを売っているお店のことを言っています。イランではこのようなお店のことを、「アッタールعطار」と呼びま…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

ラマザーン明けの宴

ラマザーンが明けて、もう10日ほどが経ちました。ラマザーン中は社会が停滞するというか(いや、人によってはラマザーン中の方がよく働くとも言いますが)、様々な活動が制限されて、断食をしていない一外国人の私にとってさえも、なんとなく窮屈なひと月でした。特に、イランに来て間もない時期、まだこちらでの生活にも全く慣れていない時期に始まったラマザー…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ラマザーンも明け・・・

昨日はエイデ・フェトル(ラマザーン明けの小祭)の日でした。 イランのラマザーンは例年、アラブ諸国よりも一日早く明けるようですが、今年はアラブ諸国と同じ日にラマザーン明けを迎えたようです。 イランでの初めてのラマザーン明け、何かおもしろい行事でもあるかな~と、ちょっとだけ期待して街に出てみましたが、街中がなんとなく浮き足立っている以外…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

反イスラエル・デイ

時差がある話題が続きます。 先週の金曜日は、「反イスラエル・デイ(エルサレムの日)」でした。ラマザーンが明ける前の最後の金曜日が、毎年それに当たっているそうです。 この日、ヒズボッラーの支持者たちを中心に、保守的・急進的なムスリム達が反イスラエルを唱えながらテヘランの街中を行進します。今回、ちょっとしたきっかけがあり、私もその様子を…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

イランの祝日&国民的行事?

またまた時差のある話題なのですが、先週の水曜日は、イスラーム・シーア派の初代イマーム・アリーの殉教日ということで祝日扱いでした。(西暦10月3日、イラン暦ではメフル月11日、ヒジュラ暦ではラマザーン月21日) アリー以外にもイランにはたくさんイマームがいますので、各イマームの亡くなった日が来る度に祝日となることが多いのですが、中でもア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『地球散歩』

今日はお知らせ記事です。 ここでも何度か話題に出しました私の憧れのブログ『地球散歩』に、この度参加させて頂くことになりました。『地球散歩』では、あるひとつのテーマに沿って様々な言語・お国事情を絡め、世界中から送られてくる、まるで絵葉書のようなエッセイ記事を発表されています。本当にステキなブログです。文章書きの大先輩、さらささん、碧さん…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

バーゲン・シーズン

今日も多少時差がある話題ですが、ラマザーンに続き季節ネタをもうひとつ。 イランにも日本同様四季があることは、砂漠のイメージゆえか意外に知られていないように思いますが、イランにもちゃんと4つの季節が巡ってきます。各季節間の気候の差異は、日本よりも多少大きいかもしれません。特に冬・夏の気温の差は日本より激しいのではないかと思います。 暑…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ペルシャ詩に魅せられて

先日、セタールのレッスンを始めたことをお伝えしましたが、イランに来て始めた習い事がもうひとつあります。それは、ペルシャ語。これ、習い事っていうよりは勉強、ですね。私はペルシャ語の初学者ではありませんが、何ぶん15年近くも殆どペルシャ語に触れる機会がなかったので、私のペルシャ語は記憶の片隅に眠っているか、あるいは全く忘却の彼方へと去ってし…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

イランの暦と断食

昨夜は中秋の名月ということで、日本にいる数名の友人からメールを頂きました。ブログでも何度も書いている気がしますが、私は日頃から空を見上げ、月を愛でるのが習慣化しているので、こうやって季節の移り変わりを知らせるメールを頂くのはとても嬉しいことでした。ブログ上でも改めてお礼を申し上げます。 さてさて、今日はその月にちなんだ話題。今月13日…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

セタール、始めました。

昨日、歌い手の慶九さんに連れられてセタール教室へ行ってきました。イラン、あるいはアラブの伝統音楽や古典音楽に使われる楽器(特に弦楽器)を習ってみたいという気持ちが実はずっと以前からあったのです。ただ、音楽を聴くのはそれなりに好きだけど、自分自身はまったくと言っていいほど音楽のセンスがないのが分かっていたので、ずっと二の足を踏んでいました…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

ライハーナの正体

ブログをやっと再開できたと思っていたら、ここ数日PCに向かうためのまとまった時間が取れない状態なので、しばらくの間は軽めの記事で行きたいと思います。まとまった時間がないと気合が入った記事は書けそうにありません。ごめんなさい!(・・・って、誰に謝ってるのかわかんないけど) しかも今日のネタは、私のごく身近な一部の方々にしかウケそうにない…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

遅すぎる到着のお知らせ

前回イラン行きのお知らせをしてから一ヶ月半ほどが経ちました。日本を発つ前には、ブログを通してメッセージや激励の言葉をたくさん頂きました。とてもあたたかい気持ちに包まれた私は、心の半分くらい(いや、もっとかも)を日本に残したままの旅立ちとなりました。 現在、イランの大地を踏んでから2週間強が経ちます。こんなにも長い間到着のお知らせができ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more