ETHNOMANIA

アクセスカウンタ

zoom RSS ムルヒーヤ・ベッ・ダッジャージ(エジプトのモロヘイヤシチュー)

<<   作成日時 : 2005/10/20 12:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

画像
なんだか料理ネタが続いています。
今日は、本当は夏のうちにご紹介しておきたかったモロヘイヤのシチューです。
エジプトでは、夏に週に1度はこのお料理が食卓に並ぶというくらいの定番食だそう。

ところで、モロヘイヤといえばエジプト、エジプトといえばモロヘイヤ、というくらい、私の中ではモロヘイヤ=エジプト料理のイメージが強かったのですが、モロヘイヤはエジプト以外の周辺アラブ地域のお料理にも登場するようですし、フィリピンも原産地になっていますね。
そして、エジプトでも勿論モロヘイヤ以外のシチュー(スープ)も食べられます。俗に緑のスープ赤いスープ黄色のスープといいますが、は勿論モロヘイヤトマト黄色カレーです。

モロヘイヤは日本でも既に相当ポピュラーな野菜となっていますが、スーパーに1年中並ぶのは日本ぐらいではないでしょうか?アラブ諸国では夏のうちに大量購入したモロヘイヤを刻んで冷凍しておき、冬に備えるようです。
1年中手に入るとは言え、夏の方が葉の生育もいいし、気候的にも合うのは確か。なので、本来は夏のうちにご紹介しておきたかったというわけです。

本来はウサギでダシを取ることが多いようですが、ここでは容易に手に入る鶏肉で行きたいと思います。

ムルヒーヤ・ベッ・ダッジャージ(4人分)

*材料*
・鶏肉(1羽 骨付きのぶつ切り肉でも可。その場合例えばモモ肉+胸肉400g、ドラムスティック5本など、好みで調節してください)
・玉ねぎ 中1個
・モロヘイヤ 2把(冬になると分量が減るので調整してください)
・チキン・ブイヨン 1個
・サムナ(バター:以前紹介したギーとほぼ同じものです。参照:マトンカレーの記事)30g
・水 8カップ

スパイス
にんにく(みじん切り) 1かけ
塩・コショウ
ハーブ
コリアンダーの葉(生) みじん切り大さじ2
ローリエ 2枚

*作り方*
@チキンはぶつ切りに、玉ねぎは薄くスライスする。
A暖めた鍋にサムナ(バター)を溶かして、@を中火で炒める。
Bキツネ色になってきたら、水、塩、コショウ、ローリエを入れていったん強火にし、沸騰したら弱火にし、かき混ぜながら30分ほど煮込む。
C茎を取り除いて葉を洗っておいたモロヘイヤを細かく刻む。(いったん刻んでから、叩いて、ネバりが良く出るようにしておく。よくネバりを出すのがコツ。この粘りが出ないとおいしくない。総じて夏のもののほうがネバりが強いです。)
DCをBに加え、20分ほど煮る。
E別のフライパンでバター(あるいは油でも)を少量溶かし、弱火でにんにくを香りが出るまで炒めてから、コリアンダーの葉を加え軽く炒める。
FEのフライパンにDのスープを少し足し、よく混ぜ合わせなじませてから、Dの鍋に足す。
Gさらに20分ほど煮る。

*鶏を丸ごと使う場合は、Dの直前で鶏を取り出しておき、別にローストチキンを作るという食べ方もするようです。その場合、私は残りのスープに最後に溶き卵を加えたりします。
*一般的にこのシチューはバター・ライスと一緒に食べるのが相性がいいようです。けっこうコクがあるシチューなので、ジャポニカ米にもよく合うと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
 うさぎだし?初めて聞きます。地上には何があるか、本当にわからない。広州にも、きっといろんなものがあるでしょう。
 出てくる料理、どれも異文化という感じです。やはり、旅先で仕入れたものですか?
筑紫万葉
2005/10/20 19:36
ウサギダシは実際には高価なので一般家庭ではあまり作られないらしいです。本文中には、「本来は」ウサギという書き方をしましたが、鶏肉のほうがポピュラーみたいですよ。中国こそいろんなもの食べますよね。エジプトには残念ながら行ったことありません。この料理は日本のアラブ料理店で食べたもの(のつもり)です。
elly→筑紫万葉さん
2005/10/20 20:49
「ムルヒーヤ・ベッ・ダッジャージ」
濁音とか,つまる音とか,好きなんですよねえ。。。それだけです。
もうひとつ。ellyさんの記事と関係なくて申し訳ないですが,食べられないのに食べたいものは,天然記念物の「おおさんしょううお」です。別名;はんざき。半分に裂いても,すぐに再生してくるかららしい。闇の料理店,ないですかねえ。
NAKA
2005/10/20 21:48
ええ!おさんしょううお!食べるなんて聞いたこともないです。何ゆえ食べたいんですか?濁音はいってないですよ!(そんな問題じゃないか)
ところで、アラビア語学習はかどってますか?
elly→NAKAさん
2005/10/20 22:53
おはようございます。
私,白土三平さんという漫画家の作品が好きで,そのなかの「カムイ外伝」に,おおさんしょううおを食べるシーンがあり,是非にと。ハイジが食べてた白パンみたいなもんです。
>アラビア語学習はかどってますか?
どきっ。。。いちおうテレビとラジオは継続中。予習,復習はしてません。ごめんなさい。あっ,学校の先生ではなかった。。。
NAKA
2005/10/21 04:07
モロヘイヤシチュー!!エジプトに行った時にとても美味しかったことを記憶しています。エジプトでは定番ですね。毎食のように食べていました。その後食べる機会がなかったので、このレシピはぜひ挑戦したいです。でも料理苦手な私としてはいつ実現するか・・・。
エジプトっぽいお皿もとっても素敵ですね。ellyさんのレシピはもちろん、盛り付けや食器のチョイスも楽しみです♪
hoaloha
2005/10/21 09:37
そうだったんですね。「カムイ外伝」読んでないんですよね。マンガの食事シーンて異様においしそうに感じられて後まで記憶に残ることありますね、確かに。
テレビ、ラジオ続行されてるだけでもエライ!特にラジオの方は最後まで聴けばかなり身につくこと請け合います。(私もそれで基礎学びました)後、東京外語大のTUFS言語モジュールというのがネットであるんですが、そこでも学習できますよ。(いらんお世話ですね)
elly→NAKAさん
2005/10/21 16:50
毎食のようにですか!ほんとにそんなにポピュラーだったんですね。レシピ挑戦してみてください!自分で言うなって感じですが、コレ、かなりおいしいです。ちなみにこのレシピ、10年ほど前、NHKの『今日の料理』(雑誌)でモロヘイヤのシチューではなく、スープの特集やってたんで、それを参考にしてみました。(特に卵を入れてみると書いた点など)
今回の器は、ウェッジ・ウッドのSAMURAIシリーズですよ。そういわれてみれば、和風というより中東っぽいかも。
elly→hoalohaさん
2005/10/21 16:56
大学時代に某アフリカ料理屋でバイトをしていたのですが、
そこで肉なしのモロヘイヤ・スープを出してました。
みそ汁的存在で何にでも合いますよね。
ちなみに、そこのシェフは中華の素もチョコっと入れて
ました (笑)
おきよし
2005/10/25 01:20

コメントする help

ニックネーム
本 文

Welcom Map

welcommap
Welcom Map
ムルヒーヤ・ベッ・ダッジャージ(エジプトのモロヘイヤシチュー) ETHNOMANIA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる