ETHNOMANIA

アクセスカウンタ

zoom RSS 早春のイスタンブールとギリシャへ

<<   作成日時 : 2009/04/14 04:19   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

画像イランの新年(3月21日)以来の更新となります。新年以降雨の日が続くテヘランですが、日に日に街路樹(プラタナス)の若葉が成長し、普段は埃っぽいテヘランが、ここのところ淡い緑に靄がかって見えるのもなかなか素敵です。去年の初春は殆ど雨が降らず乾いた春を迎えましたが、イランの本来の初春の姿は、雨模様だということ。年間を通して雨が少なく、極度に乾燥したイランの大地に住む人たちは、雨の匂いに特別な感慨を抱いているようで、「雨の香り」という名の香水があったり、イランのポップスにも「雨の匂い」という語がしばしば登場します。
でも、私は雨があまり好きではない。雨の日はいささか憂鬱です。直射日光が肌に突き刺さり、真っ黒に日焼けする羽目になっても(実際、日本に居た時は色白のはずだったのが、イランに来て途端に真っ黒に・・・)、心はカラッと晴れた太陽を求めてしまう。気圧や天候に体調を左右される人の話はよく聞きますが、実際私のように天候に気分が大きく左右される人はどれくらい居るのかしら・・・

そんな「憂鬱」模様のテヘランを3月末に抜け出し、2週間ほど初春のイスタンブールとギリシャへ行っていました。
イスタンブールは去年の夏以来。ギリシャは13年ぶりの訪問。
イスタンブールは、住んだことがない土地の中ではいまや一番馴染みのある土地となり、「帰る」とほっとする場所。その心の故郷イスタンブールを経てアテネへ。
13年ぶりに訪れたアテネは、その変貌ぶりに最初はとにかく驚かされました。
ヨーロッパの田舎という歌い文句(?)さながらに、こじんまりとした何もない国際空港に降り立った13年前。2004年のオリンピックを経たとは言え、いまや空港を始め、市内の交通網の充実ぶりも素晴らしく、いや〜、アテネ、便利になったもんだ!と感嘆。(但し、私が訪れた経験のある西欧は他にスペインだけなので、便利さの基準を推し量るべくも無く・・・。しかもイランから訪れたという状況なので、その辺りも考慮に入れるべき!?)
さらには、都会化したにも関わらず、一歩路地へ足を踏み入れれば、以前と変わらず笑顔で感じの良い、客を快くもてなす精神に溢れたギリシャの市井の人々が居て、そのバランス感覚に感心させられました。
いや〜、ギリシャってほんといい国だな〜。
画像
旅行だと思えば2週間は割合に贅沢な長さ。だけど何かをしようと目的を持っていくのなら、2週間なんてぜんぜん足りない。その限られた時間の中、出来るだけ多くの音楽を探索し、たくさんの動物たち(イヌ・ネコ・ロバ!)と触れ合い(このブログを最初の頃から訪れてくださってる方は私がいかにロバ狂い・動物好きかご存知ですよね)、料理を通してイラン〜トルコ〜ギリシャのつながりを感じてきました。いえ、本当は食道楽な旅をしたかっただけですけど。
初春の花と音に溢れた今回の旅の詳細は、これからぼちぼち書いていきます。久しぶりに観光もたくさんしましたが、ブログではおそらくそれ以外の部分を主に書いていくことになると思います。

(special thanks to さらささん!)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですか!動物狂いなんですか
もちろん、食道楽の観光も楽しいでしょうけど、いろいろな方や動物とふれあい、いろんな音楽と出会う旅行も、きっと楽しかったことと思います

続きを楽しみにしてまーす
マーク
2009/04/14 12:30
今、地球散歩の絵葉書を読んで涙ぐんでいました。そしてあらためてellyさんと出会えたことに感謝しています。
もう旅を綴られているのでは・・と早速訪ねてきました。花と音に溢れたたellyさんならではのレポートがどのように展開していくのか・・とても楽しみです。
13年ぶりのギリシャは、驚くほど変貌していたんですね。私は初めてのギリシャが今回の滞在、オリンピックを控えて活気づくアテネの街でした。ドラクマからユーロになった辺りから変わってきたとは聞いていますが、特にアテネオリンピックの為にできた交通網はじめ様々な変貌、近代化があったのだと思います。
そんな中でも一歩路地に入ると「ギリシャの魅力」が、ellyさんが昔訪ねた頃と変わらずに残っていた・・ということが嬉しいです。
続きを早く書いてくださいね!
さらさ
URL
2009/04/14 13:01
そうなんです。動物(特にイヌとロバなんですけど・笑)狂いで、イヌとじゃれあってるうちに、気付くと一緒に地面に寝ころがったりしてます・笑。あんまり動物好きに見えないらしいんですけどね。
食道楽・・普段はかなり食いしん坊なんですが、実は旅に出ると食事をすることを忘れて路地を歩き回っていることが殆どなのです。・・・が、今回は3カ国の食のつながりを大きく捉えたいと思って意識して食事しました。
「食道楽」に関して、マークさんにはとても適いません!
elly→マークさん
2009/04/14 18:56
以前からギリシャへのこだわりや愛情は大きかったものの、違った視線でギリシャを見られるようになったのは、さらささんのお陰です。実際に住んだことがある方の意見や視点は貴重です。そして、自分と良く似た感性を持つさらささんの捉えるギリシャは、私にはとても「切ない」ものでした。『地球散歩』の絵葉書は、さらささんへのオマージュです。出逢いに感謝。
便利になった今でも変わらないギリシャの人々の素朴さや親切さは、ギリシャが一番誇れる部分ですね。
そうそう、今回、アテネに移民の数(アフリカからと南アジアから)が、とても増えていることも驚きのひとつでした!
elly→さらささん
2009/04/14 19:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Welcom Map

welcommap
Welcom Map
早春のイスタンブールとギリシャへ ETHNOMANIA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる