ETHNOMANIA

アクセスカウンタ

zoom RSS イラン版“漢方薬局”

<<   作成日時 : 2007/10/29 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

画像今日のタイトル、かなりヘンです。
「イラン版漢方薬局」なんて書きましたが、文字通りイランで漢方薬を扱っているお店を指しているのでなく、薬草など植物由来のお茶(ハーブ・ティー)や、スパイスを売っているお店のことを言っています。イランではこのようなお店のことを、「アッタールعطار」と呼びます。一方、アラブ世界(アラビア語)では、「アッタール」は香水屋のこと(あ、でも薬も売られているのかも。サウサンさん、よろしければ教えてください!)。イランのアッタールは、香水屋というよりは、自然療法の薬局に近いと思います。「アッタール」をペルシャ語の辞書で引くと、「薬・染付けのための材料・植物由来のお茶などを売る店」(かなり大雑把な訳ですが)となっています。
余談ですが、アッタールというペルシャ語の有名な神秘主義詩人は、もともと医薬の業に携わっていたため、この名前を持つことになりました。

さてさて、どうして今日はこういう話題を選んだかというと・・・。
私には不眠という15年来の持病があります。それも、かなり重度の。
日本にいた時にも「眠り」に関してはとても苦労していたのですが、標高が高いテヘランに
住むようになってから、その不眠がさらに悪化。標高の高さに慣れていない日本人は、最初の頃は眠りの浅さを揃って訴えると言いますが、私の場合、眠りが浅いこともさることながら、殆ど眠っている実感がないのです。不眠とは長いお付き合いだし(というか、もはや一生お付き合いしていくものだと思っている)、2時間ほどでも熟睡感があればそれで満足なのですが、それさえも得られない。日々の頭痛も悪化し倦怠感が付き纏い・・・と、うわ〜書いているとくら〜い気持ちになってくる日記なのでここらで症状を述べるのはやめにしますが、こういうわけで、なんとか不眠を軽減させたいな〜と思っていたのです。
いろんな人に相談するも、「殆どの人は病院へ行って睡眠薬をもらいなさい」、まあ、当たり前ですが、答えはこんな感じ。
以前、睡眠薬で失敗した経験がある私は、睡眠薬だけはご勘弁〜という感じなので、この意見はスルー。
たまたまセタールの先生に不眠の話をしていたところ、そう・・・漢方薬ならぬ、ハーブティーの一種を教えて頂いたというわけです。
その植物の名は、「ゴレ・ガーヴ・ザバーン(گل گاو زبان)」。これ、直訳するとゴレ(ゴル)の部分が花、ガーヴは牛、ザバーンは舌。牛の舌の花???ずいぶん妙な名前の花だけど、この植物でお茶を入れて飲むと、神経を和らげてくれて、少なくともリラックス効果はあるとのこと。
今までもハーブティー、勿論いろいろ試してきました。どれも効いた試しはありませんが、まあ、イラン文化を知る一環として(笑)、物は試しだ!と、バーザールへ直行!ハーブティーを売るアッタールへ行ってみたのです。

画像謎に包まれた「牛の舌の花」は、キレイな紫色の花でした。勿論、これを乾燥させたものがハーブティーとして売られています。
辞書で引くと沙漠に自生する身の丈1mほどの植物とのこと。どうしてこういう名前なのかは分かりませんが、花の形が牛の舌に似て長いということかもしれません。
さらに、この花をお茶として入れる時、一緒に入れると相性が良いのが、「ソンボレティーブ
(سنبل الطبب)」という、これまた花の一種(乾燥したブツは、まるで箒みたいな見かけ)と「リームー・ホシュク(ليمو خشک)」(乾燥レモン:以前の記事に乾燥レモンの写真を載せています。)と聞き、この3つをブレンドして試してみることにしました。
お湯を注ぎしばらくすると、ゴレ・ガーヴ・ザバーンの色を反映して、全体が薄い紫色になってきます。
味は喩えて言えば、レモングラス・ティーに似てるかも。
まずくはないけど、美味しくもない。カフェイン中毒の私には、当たり前だけど、ちょっと物足りない・・・。それに酸っぱい味が実は苦手。
このお茶を、午後以降は今まで飲んでいたコーヒーや紅茶・緑茶に置き換えて飲みなさいとのこと。

ゴレ・ガーヴ・ザバーン・ティーを初めて試した次の日の朝、熟睡の後にすっきり目覚められた・・・いや、やはりそんなに簡単には行かなかった。まあでも、耐えられないほど不味いわけではないから、もうちょっと試してみようかなと思っているところです。
でもカフェインがない生活は耐えがたく、結局、今までのコーヒー(+α)+ゴレ・ガーヴ・ザバーンという「嗜好品ライフ」を送っている私でした。これじゃ意味な〜い!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
イラン版漢方(ハーブ)薬局、大変興味深く読ませていただきました。
elly さんのブログへは何度か訪れていますが、いつもながら読み応えのある素晴らしい記事でした。
私の主人はイラン人の為、何度もイランへ訪れた事はありますが、イランをはじめ中東の事は、まだまだ知らない事が多いので大変勉強になります。
イランでのセタールのお稽古事などもステキですね。
のんびりや
URL
2007/10/29 09:20
む〜
私はどこでも寝てしまうために「寝ない薬」を持ち歩いているのですが!のんでもまだ寝てしまう…
二人足して割りたいですね(涙)
アッタールはエジプトでも漢方というか、スパイス屋をそう呼んでいますよ?
正しいアラビア語はどうか??ですが。って、妙な言い方ですけれど。
レモングラス系ですか!私は好きそう。

2007/10/29 22:23
ブログを覗いてくださってたとのこと、ありがとうございます!そして、今回は書き込みまでして頂いて。
のんびりやさんは、ご主人がイラン人の方なのですね。イランにも何度も訪れていらっしゃるとのこと。イランに来てまだ2ヶ月の私より、よほど事情をご存知だと思います。
イラン一色に染まったブログ、ちらりと拝見させて頂きました。後ほど、過去の記事もゆっくり拝見させて頂きますね。イランについていろいろ教えてください。
elly→のんびりやさん
2007/10/30 16:23
眠れないのも寝たくなくても眠ってしまうのも、どちらも大変ですよね。お互い眠りには苦労しますね。アッタールの件、ご指摘ありがとうございます。私のマグレブ旅行の記憶から、また「'attara」という語根から、アッタールは香水屋だという思い込みがありました。 Hans Wehrのアラ英辞書で調べたら、[perfume vendor, druggist]双方の意味が載っていましたが、ネットで調べたところ、やはりアラブ世界でもアッタールは自然療法の薬局のようですね。(ペルシャ語のアッタール自体、アラビア語起源の言葉ですが。)というわけで、本文の当該場所も、訂正することにします。ちなみに、エジプトで香水屋を何と呼んでいるか、教えて頂けますか?
elly→碧さん
2007/10/30 16:52
ご無沙汰してしまって。お久しぶりです。
アラビアでも、アッタールは漢方薬局です。香料も扱われていますが、薬になる香料だけです。いわゆる香油などは売られていません。乾燥こうもりとか、鹿の角とか、タツノオトシゴとかやっぱりありましたか?ひとつひとつ何に効くのか聞きたくなりますよね。
サウサン
2007/11/01 22:12
バーア・オットールと聞こえますね。香水屋は。
オットール…アットール→香水。
今日アラビア語だったので先生にも確認しましたが、香水矢をアッタールというのは、ちょっと厳しいと言っていました。まあ、通じないことはないけどもと。
aoi
2007/11/01 22:58
ありがとうございます!
やっぱりアラブの専門家のおふたりにお尋ねしてよかった!(というか、すみません。今後、いい加減な知識で物を書かないようにします)
私が見たイランのアッタールには、乾燥こうもり!とか、タツノオトシゴとかはなかったと思います。すごいですね〜、何に使うのだろう??「バーア・オットール」は、バーア=店、オットール=香水ですよね?アラビア語の先生にまでお尋ねいただいてありがとうございました。香水屋をアッタールとは呼ばないのですね〜。間違いの知識をさらけ出して恥ずかしくもありましたが、この記事を書いたお陰で、勉強になりました。あらためてお二人に感謝!
elly→サウサンさん、aoiさん
2007/11/02 04:34
ええ〜?タツノオトシゴとか売ってないの?じゃあ何が売っているのか、チェックが楽しみ。
アッタールは私が書きましたとおり、全く違うということにはならないですよ。
実際には使われていないというだけで、辞書にはちゃんと「香水屋」として出ています。
文字学問と耳学問の違いって面白いですよね。

別件ですが、陶酔したエジ人とのライブ、ellyさんは引くでしょうね〜、ええ。想像がつきます(笑)
aoi
2007/11/02 12:04
こんにちは〜☆
つい先日、NHKで不眠に悩む若者たちの話をしていたものの、自分には全く関係ナシ!と思って見ませんでした…が、不眠に悩む方は多いそうですね。まさか、ellyさんがそうとはつゆ知らず…
つまらない小説読んでみるとか?難しい本読んでみるとか!?駄目でしょうか、これくらいじゃ…ーー;
とにかく、もう少しそのハーブを試されるといいかもしれませんね!ellyさんが少しでも心地良く眠れますように☆
yuu
URL
2007/11/04 00:55
ごめんなさい!こんなにお返事遅れて。
「アッタール」についてのご説明も、改めてありがとうございました。やはり現地を知る方は強いです!アラブ世界もまた訪れたい!(しかし、今私の周囲はアラブ嫌いのイラン人だらけで、イランも見ずにアラブへ行ったら怒られかねない;)エジ人のライブ、それでも行ってみたい!
elly→aoiさん
2007/11/20 17:38
yuuさんもお返事遅れてごめんなさい!
そうですね〜。今まで本当にいろんなことを試してみたのですが、何をやっても殆ど効果無しなのですよ・・・。まあ、夜になるとあれもやりたいこれもやりたいって興奮してしまうのが一番良くないんだと思いますが。またイラン版不眠対策を発見したら記事にします!あ、イランでは健康対策として今ヨーガがすごく流行ってる模様ですが。
elly→yuuさん
2007/11/20 17:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Welcom Map

welcommap
Welcom Map
イラン版“漢方薬局” ETHNOMANIA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる