ETHNOMANIA

アクセスカウンタ

zoom RSS バーゲン・シーズン

<<   作成日時 : 2007/10/01 21:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

画像今日も多少時差がある話題ですが、ラマザーンに続き季節ネタをもうひとつ。
イランにも日本同様四季があることは、砂漠のイメージゆえか意外に知られていないように思いますが、イランにもちゃんと4つの季節が巡ってきます。各季節間の気候の差異は、日本よりも多少大きいかもしれません。特に冬・夏の気温の差は日本より激しいのではないかと思います。
暑いと思われがちのイランでも、最初に秋の気配を感じてから随分経ちました。今でも日中はたまに暑かったりしますが、夜はけっこう冷えます。
季節の差が存在するということは、衣替えのシーズンも勿論存在します。
・・・というわけで、今日の話題はバーゲン!

私がイランにやってきた一ヶ月前、すでにバーゲンのシーズンが始まっていました。ショーウィンドウでは派手に色付けされた「バーゲン」の文字が躍り、バーゲンを呼びかける声が、バーザールでは途切れることがありません。日本でもお正月明けのバーゲンは、ダラダラと一ヶ月ぐらい続いたりしますが、イランでもやはり同様で、一ヶ月以上経った今も、まだ完全にフィニッシュしていない状態。徐々にショーウィンドウには秋物・冬物のコート等が並び始めましたが、まだバーゲンも細々と続いています。トップの写真はバーゲン最終日を告げるルーサリー(頭に被るためのスカーフ・へジャーブ)屋のもの。こういう張り紙が出された店があるところを見ると、さすがにバーゲン・シーズンもそろそろ終わりになるのかしら?

画像

上の写真のように、派手な色でスプレーされたショーウィンドウを、バーゲン期間中至るところで見ることができます。「バーゲン(حراج ハラージュ) 2000トマーン(約230円) 超安売り!」の文字。
画像

スカーフにバーゲンを知らせるビラを貼り付けて呼びかける若者。「バーゲン 下の階(地下)へ」の文字。

こんなちょっとマニアなブログをやっていると、書き手を「お洒落な女」だと想像してくれる人はいないように感じますが(笑)、実は私、大のお洒落好きだったりします。ブランドものには全くと言っていいほど興味がありませんが、色合わせ等にはかなりこだわりがあります。
イランに来ることになって心配だったことのひとつが、どうやってお洒落をするか(笑)。だって、みんな真っ黒なコートを着て(黒も好きな色ではあるんですが)、大体がジーンズ姿。いくらコートの下でお洒落ができるとは言っても、誰にも見られないんじゃお洒落のし甲斐がな〜い!!
しかししかし、イラン女性は、こんな境遇にもめげず、かなりお洒落な人が多いという事実が発覚。私の身近にも頭の先から爪先まで全く隙がない女性がいるので、彼女のことも含めイラン女性のお洒落についても日を改めて書こうと思っていますが、目に見えるお洒落のひとつが、やはりルーサリー(スカーフ・へジャーブ)であることを今日は書こうと思います。イランに来る前、最近は服装に関する規定が以前よりもうるさくなった。へジャーブ・ポリス(服装をチェックする警官のような人たちが街中にいる)により、イスラミックでない服装の人たちが一斉検挙されたなんて話ばかりを聞いていたので、私、かなりビビッていたのですよ。日本でイスラーム・コートを仕入れ、とても地味な色のスカーフを購入して来たのですが・・・。
街中を歩いている女性たちは、実際にはとても華やか。な〜んだ!こんなに自由でいいんだ!なんて、頭からずり落ちるスカーフを絶えず引っ張り挙げながら、思ったものでした。(いやいや、「自由」の感覚が、ここにいると違ってくるようで;)
・・・というわけで、私もすっかりスカーフのお洒落に目覚めてしまいました。
私がイランに来て購入したスカーフの一部をここに公開。
画像
右の2枚が秋冬用。左の2枚が夏のバーゲンで買ったもの。いずれも超派手です(笑)。
ちなみに、スカーフには2種類あります。ひとつは、正方形のものを3角形に折って使うルーサリー。こちらは、あごの下で先を結んで使います。もうひとつが、長方形の長い布を頭に巻きつける形で使うシャール。私はシャールの方がどちらかと言うと使いやすくて好きです。巻き方によっていろんなアレンジが出来ます。

スカーフはこんな派手な色のものも売られていますが、コートは殆どが地味な色です。黒が基本で、グレー・茶・モスグリーンなど。
イランにいらっしゃる予定がある方のために、私が着用中のコートの写真を、参考までに載せておきますね。
画像

丈は、最低限お尻がすっぽり隠れるくらいは必要です。この写真のコートは膝丈くらい。一般にトレンチコートやスプリングコーととして売られているものなら、それで十分だと思います。夏場に来られる方は多少暑いかもしれませんから、薄めのコートを持参し、イランに来てから購入するのが良いかもしれません。夏場だったら綿の肌触りがよい上着類もたくさん売られています。
布製品は勿論イランでも製造されていますが、トルコから輸入されたものは、一ランク上という扱いのような気がします。トルコ製品=お洒落という意識も、今までの調査(笑)からは窺えたのでした。
さてさて、そろそろ冬物のコートを物色しに街に出かけなきゃ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
私のための記事をシュクラン。
なるほど。△ヒジャープだけでなく、シャールもOKなのですね。エジプトの若者はシャール派が多いので、助かりますね〜
△は結ぶのですか!
エジプトだと、基本的に待ち針なのです。
私の場合、エジルックで問題なく上陸できそうです。

2007/10/01 23:37
もう1ヶ月経つんですね。ご無沙汰してます。
こちらは9月末までTシャツで過ごせたのに、昨日今日と10度も気温が下がってすっかり秋めいてきました。
イランでは夏場でもコートが必要なんですね。
そして写真の文字、読めない(笑)
やっぱり文化が違うんだなーとつくづく感じます。
ネレ美
2007/10/02 02:07
実は私ヒジャーブには昔から、大関心。使う当てもないのに、イスラムサイトから勝ったりしていました。シャールやヒジャーブをダブルでつけたりしないの?下にキャップのようなものをかぶったりしないのですか?直接だとツルツル滑りませんか?ヒジャーブの大人買いに出かけた〜い。
サウサン
2007/10/03 07:43
エジプトと同じく、私の見た感じでは、イランでも若者はシャール派が多いのではないかしら?と思ってます。
あごの下で結ぶよりは、まち針で留めてしまった方が断然機能的だと思いますよ〜。結ぶだけだと、ずり落ちるわ、解けるはでけっこう大変。イランにはぜひエジルックでいらしてください。
elly→碧さん
2007/10/03 21:22
こちらこそご無沙汰してしまって・・・。
そう、イランでは夏場もコート着用が義務なので、暑さに弱い人には耐えられない世界よね。でも、本文中にも書いたとおり、夏場にはコートとはとても呼べないような代物の薄手の綿の、おまけに色が白だったりする上着も売られているので、割合選択肢は広いかも。尤も、ネレ美ちゃんは夏には来ないでしょ?
elly→ネレ美ちゃん
2007/10/03 21:25
そうですか!サウサンさんもヒジャーブ・コレクターでいらっしゃったんですね!
イランでは、へジャーブの下に帽子を着用している様子の人はあまり見かけません。そして、前髪・・・どころか、後頭部近くまで髪の毛を見せている人もいたりして、その自由さに驚きました。アラブの人はみな前髪までしっかり隠してますよね?あと、まじめな人はスカーフではなく、マグナエ(頭巾タイプ)を被っているようです。そう!へジャーブに慣れない私はとにかくずりおちるのが大変!イランの女性たちは、なぜかずり落ちないんですよ〜。そのコツを知りたい。あ、あと、シャールとへジャーブのダブル使いをしている人は見たことありませんが、私はオリジナル?でやってますよ〜。オーガンジー風のシャールの上に同系色のへジャーブを巻いたりとか・・・。お洒落話は尽きないですね〜。
elly→サウサンさん
2007/10/03 21:31
例の黒いコートですね!日本でもそろそろ出回ってくるかな。
スカーフきれいですね〜。てっきりスカーフも黒だと思ってました。これは女性ははまってしまうかも(笑)バーゲンでどんどん買ってお洒落してください!♪
wacky
2007/10/04 01:16
バーゲンセールがあるということは、余るくらいにモノがあるということ?とはいえ、そのモノに、お国事情が見えて面白いですね。
筑紫万葉
2007/10/06 20:18
例の黒いコート・・・。私は日本で購入しておいたものを、おバカなことに送り荷物の方へ入れてしまってたのですよ。荷物が届いたのはイランに来て3週間以上経った後・・・。大変でした。スカーフははまります!でも、まだ実はオーソドックスな黒を持っていないので、早く購入しなきゃと思っているところです。
elly→wackyさん
2007/10/07 04:17
イランでは、日本以上に無駄使いしてるな〜って思うことがしばしば。基本的には豊かな国ですよ〜。あ、でも紙製品はやたら高いので、大事に使ってます。トイレットペーパーとか特に。日本より高いんじゃないかな〜。
elly→筑紫万葉さん
2007/10/07 04:19
 こんにちは〜♪最新記事まで一気読みさせていただきました。すごいボリューム!そして驚異の(驚愕のというべきでしょうか?)更新ペース^^イラン基礎知識に各種行事・イベント、音楽、ファッションなどなど・・・まさに期待以上の「現地ブログ」ですね!!

 スカーフ、色も柄も綺麗〜!こういうのを見るとうわー絢爛ペルシャだーと思います☆日本のてぬぐいもそうですが、こういう生活に密着した小物ってその国の文化がギュッと詰まっている感じがして、ひとつ持って(身に着けて)いるだけでその土地にいだかれるような気になったりしますよね。

 他記事で、イスタンブールにも行かれる機会が多いと書かれていましたが、イラン&トルコ憧れくんとしては是非トルコものスカーフの生地も見たい見た〜い!(わがまま
えひ山
2007/10/20 19:08
こんな記事にまでコメント入れてくださり、ありがとうございます!ボリュームの方は、相変わらず、更新するとなると読まれる側にとっては迷惑なくらいに、不当に長い文章になってしまうのですが、ペースの方は・・・相変わらず遅いです・・・よね。
スカーフ。写真で上げたものは、かなり派手なバージョンです。イラン人って、意外にシックで繊細な色合を好む人が多いように思っています。あ!イラン人のファッションセンスはまさにイラン音楽の世界観に近い気がしているのですが。
そうそう、日常よく使う小物や食べ物って、文化がぎゅっと凝縮されていますよね。「その土地にいだかれるような気になったり」・・・、すっごく良い言葉です。moradiさんの演奏の件でもそうでしたが、う〜ん、最近私、えひ山さんの言葉にグッと来たり、妙に感情がフィットすることが多いなあ。
イスタンブール、お!やはり食いつかれましたね(笑)。そうなんです。多分、数ヶ月に一度ぐらいはイスタンブールへも行けるのではないかと思っています。その際にはまたファッション、音楽についてなどお伝えいたしますね〜。
elly→えひ山さん
2007/10/23 22:10
Thanks for finally writing about >o[Q_EV[Y ETHNOMANIA/EFu_u_O <Loved it!
Jennie
URL
2017/05/06 07:02
I comment whenever I appreciate a post on a site or if I have something to add to the conversation. It's a result
of the sincerness communicated in the post I browsed.
And on this article o[Q_EV[Y ETHNOMANIA/EFu_u_O. I was actually moved enough to drop a comment ;) I do have 2 questions for you if you usually do not mind. Is it only me or do some of the remarks come across like they are left by brain dead folks? :-P And, if you are posting on other online sites, I would like to keep up with you. Would you list all of your community sites like your Facebook page, twitter feed, or linkedin profile?
Hester
URL
2017/06/27 07:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Welcom Map

welcommap
Welcom Map
バーゲン・シーズン ETHNOMANIA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる