ETHNOMANIA

アクセスカウンタ

zoom RSS ペルシャン・ブルーの国へ

<<   作成日時 : 2007/08/02 21:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 26

またまたご無沙汰してました。
このひと月、周りの方たちがムサフィールやターラブで盛り上がっていらっしゃる様子を指をくわえて眺めつつ、私はアラビア語の勉強の追い込みに入ってました。追い込みって大袈裟な感じですけど、ブログでアラビア語を勉強するぞ〜って宣言してから1年半、勉強の集大成というか、一区切りというか、とにかくアラビア語の学校を卒業するためのテストが先月末にあったのです。
ブログでもごくたまにアラビア語のことを書いてきましたが、1年半この言語を勉強してきた上での感想は、今まで自ら10言語ほど齧って来た中で、アラビア語は最も難解な言語だったわ、ということ。それと同時にとてもシステマティックでロジカルで美しく整った言葉でした。過去に学んだことがあるサンスクリット語も、その名が示すとおり(サンスクリット=完全な状態に作られた言語の意)、文法が組織的に作りこまれたというか、よくぞこんな整った思考で言語を操れる人がいるものだと(良い意味でも悪い意味でも)ため息が出るような言語だったのだけど、アラビア語もまた然り。とにかく細かい部分まで完璧に作りこまれた文法には、苦悩の溜め息を漏らすと同時に、パズル遊びのようで、語学オタクの私としてはワクワクしたりもしたものです。しかもサンスクリット語と違って今現在も多くの人が理解し、使用している言語だと考えると、あの難解な文法といい、発音といい、驚異的な言語と言えると思うのです。

こんな言語だから勉強には多少苦痛も伴いました。何せ記憶力の低下が激しい昨今ですから。
とは言え、最初にアラビア語の存在が気になってから約17年。ちゃんと勉強してみたいと思ってからでも8年ほど経ち、ようやくアラビア語を学ぶ機会が巡って来た私には、苦痛よりも喜びの方が大きかったんですけど。規則的な現在形だけで14通りにも人称活用する動詞を暗誦しながらニヤニヤしている私を、どなたか見かけませんでした?
過去のマグレブへの旅を通してサハラやアラブ音楽に魅せられ、またスーフィズム研究の世界を垣間見る機会を過去に持った私には、アラビア語を勉強できた時間は、まさに至福の時でした(少し大袈裟に言ってます)。元来不器用な私はひとつのことにはまると他のことはどうでもよくなるというか、そこまで神経が回らなくなるので、ブログもこの有様となり・・・。

そして、憧れの言語を学べる喜びとともに、勉強を通して一生ものになりそうな友情という嬉しい副産物も付いて来ました(いや、こっちがメインかな)。私が勝手にそう思ってるだけですけど。なんだかブログを私信化してしまって恐縮ですけど、最初に学校を紹介してくれたうみさんには大感謝だし、学校に通うことを数倍楽しいものにしてくれたクラスメイト、それに、アラビア語学習の大先輩で他の面でも私の憧れ的存在のaoiさん、まだお会いしたことがないけれど何度もニアミスの学習仲間Karimaさんにも感謝!!

アラビア語力はひよっこの状態から当分抜け出せそうにない私。今後もなんらかの形で勉強を続けていかないと、見事な隊列を成した動詞の活用群が、私の脳ミソから行進して出て行ってしまいそうな勢いですが、今後、アラブ世界からしばらくの間離れることになりそうです。

実は、9月からペルシャ語の国イランへ行くことになりました。
硬質で論理的なアラビア語の世界から、柔らかで詩的な響きのペルシャ語の世界へ回帰することになったのです。(私をよくご存知の方は「回帰」の意味は分かりますよね?このブログでも過去に何度かペルシャ語との関わりを書いています。)
アラブ世界も勿論近い場所なので、きっとアラブ人やアラブ文化との関わりも保ちつつペルシャ世界を楽しむことになるかとは思いますが、先にも書いたとおり、私は不器用な人間。あちらでの生活に慣れるまではどっぷりペルシャに浸かろうかと思っています。
当然このブログも今後はイラン(ペルシャ)通信的な要素が濃くなるかと思います。
イランのことをブログに書いている方はたくさんいらっしゃるので、その中で私がどれだけ独自色を出していけるかは分かりませんが、このブログをいつも尋ねてくださってる皆さんにも興味を持っていただけるような話題は勿論のこと、何か突拍子もない、自分でも今まで考え付かなかったような思考が、イランという地に身を置くことによって芽生えてくるかもしれないという密やかな期待が、今自分の中にあります。
何よりあのペルシャン・ブルーの空に包まれて生活できるという想いが、私を幸福感で包んでいます。

ETHNOMANIA@イラン(ペルシャ)編も、今まで同様どうぞよろしくお願いしますね。

*私信:お世話になっている方々や先輩・友人方には今後それぞれにお知らせメールを送らせて頂く予定でいますが、渡イランまでの時間が差し迫りバタバタした時間を送っているため、お知らせまでに少し時間がかかるかもしれません。
ブログでのお知らせの方が先となってしまった皆さんに、失礼ながらこの場を借りて申し上げます。ご挨拶が遅れ、本当に申し訳ありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
えええええええええええええええええええええええ
寂しいです!!!!

近いうちに絶対に遊びに行きます!!!!!
背骨
2007/08/03 14:01
わ〜お。青い国に住めるellyさんがうらやましいです!
そして、このブログもますます奥が深くなりますね。わくわくします。
アラビア語も、ペルシャにはアラビア語族がいますから、きっと役に立ちますよ。
aoi
2007/08/03 14:29
引越し後もよろしくおねがいします^^
えひ山
2007/08/03 18:57
一度もお会いしたことないけど・・・回帰の意味分かります!ペルシャ語って文字は一緒だけど、言葉は違うんですよね?
イランは絨毯にしても真鍮のお皿にしても、私好みの物が多そうで、ショッピングだけでも楽しめそう!実はアラブ諸国より興味があるんですよ。
九月から向こうで生活されるんですか?いつまで???イランへ行く前に会えるとよいなぁ。
Karima
2007/08/03 20:14
 卒業おめでとうございます。語学が好きな人は、嫌いな人=私がめんどー!いやー!と思うことに興味があるみたいですね。語学に限らず、同じことに対して、興味を持つか持たないかが、好きか嫌いかの分かれ道になるのでしょう。ともかく、語学好きは羨ましい!
 イラン便りが、このブログに来るのですか?
筑紫万葉
2007/08/03 21:48
アラビア語クラスの同級生Rimです。
ellyの言うとおり、アラビア語は本当に数学的。難解だけど、その規則性に魅了されますね。
もっとも、ellyは優等生で、私は落ちこぼれで、本当はこんな大口叩けないんだけど。
落ち着いたら、会おうね。
でも、とりあえず、ellyとはこのブログでいつもで会えるからいいね。イラン通信、すごく楽しみにしてる。遠く離れちゃうけど、ビオフェルミン・クラブは健在だよ。
Rim
2007/08/04 01:23
イラン行きには本当にびっくりしました〜!(> <)
中東方面に無知な私ですが、ellyさんのイラン通信も楽しみにしています。それにアラビア圏も近くなるから、そちらの旅行報告なども!(^Д^)
wacky
2007/08/05 23:39
同級生asmaですv
ellyさんが行ってしまうと寂しくなっちゃうけどイランに行ったら是非案内してください!イラン通信楽しみにしていますw
あと、勉強ブログを書いているのでよかったら遊びに来てくださいvv
asma
URL
2007/08/06 11:15
こちらもお久しぶりです!
今度はイランですか!
周到に準備されてまた充実された滞在、
しかも「イランへ行くことになった」ということはお仕事だと思うのですが長期滞在に
なるのかしら、、
未知の世界からの、報告楽しみにしています。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします!


go2rumania
URL
2007/08/06 20:34
そうそう、メールでお伝えしようと
思いつつ、機会を逃しているのですが
ブログにはまだ記事にはしていない
のですが、5月からイギリス発行で
ヨーロッパその他海外駐在員には手に入り
やすようになっている冊子(EuroNews)にルーマニアやロシアや、、書いております。本名(ほぼ?)で書いているため+
もともと日本では手に入らない(年間購読も
海外のみ)なので でもイランには
あるかしら?!案外マイナーな国でも
日本人が集う場所にはあったりするようなので
もしあったらチェックしてみてくださいね:)

では、イランからのお便りを楽しみに!
go2rumania
URL
2007/08/06 20:37
ブログでしかお会いしてないわけですが、外国へ引越しされるのが、寂しく感じます。ネットコミュニケーションの不思議ですね。

イランの音楽事情、楽しみにしたいところですが、女性歌手はいないわけですよね。それ残念。
まず、お体に気をつけて行ってらっしゃいませ。
NAKA
2007/08/06 22:13
背骨さん。うん。ぜひ遊びに来てください。背骨さんもペルシャ文化に興味あるって言ってくれてたものね。そして、背骨さんが占ってくれた私の未来が、見事に当たって喜んでます。
aoiさん。「ペルシャン・ブルー」って、「イスラミック・ブルー」のパクリですね。ごめんなさい。でも、私も碧っていう色に、とてもとても思い入れがあるのです(一番好きな色)。そうですね、イランでも南の方にはアラビア語使いがいますよね。せっかく学んだアラビア語、忘れないようにぼちぼち頑張りますね!碧さんもペルシャン・ブルーのモスクや空を見にイランにいらしてくださいね。
elly
2007/08/07 11:59
Karimaさん。Karimaさんはお会いしたことないけど、きっと私のことを想像以上にご存知ですよね〜。そうそう。ペルシャ語はアラビア語と文字は一緒ですが(正確には4文字アルファベットが多い)、文法体系は全く別物です。単語は随分アラビア語の語彙が入ってますけど。そうですかアラブ好きのKarimaさんもペルシャ文化に並々ならぬ関心をお持ちだったのですね!イランの民芸品って、本当に美しいですよね。ところで、karimaさんにぜひお会いしたかったのですが、多分入れ違いになりそうです。でも、きっと中東のどこかで将来お会いできそうですね。
筑紫万葉さん。語学好きの私でも、以前は論理的な言語というか、文法体系がしっかりした言語って、けっこう苦手だったのです。英語(ペルシャ語もそうなのですが)のように、文法が易しく応用が難しい言語の方が得意でした。が、最近は理屈っぽい言語も好きになりました。ブログにて、バンバンあちらでの生活について書きたいと思っているのでお楽しみに!
elly
2007/08/07 12:08
Rimちゃん!初コメントありがとう!
アラビア語クラスでは、いろいろとお世話になりました。1年半って、本来なら通うだけでけっこうしんどいものですが、みんなに会うのが楽しくて、そのお陰で行くのが全く苦痛ではありませんでした。今後も勉強続けなきゃ、だね!将来アラブの国のどこかで再会しようね〜。
wackyさま。先日は本当にどうもありがとう。忙しい毎日の中、ひと時和やかな時間を持つことができました。そうだね。イラン通信だけでなく、アラブ通信もたまには綴れるといいな。せっかく中東に行くんだからね〜。
elly
2007/08/07 12:14
asmaちゃん。asmaちゃんも初コメありがとう!ブログ始めたのね。「放蕩受験生」って(笑)。相変わらずパワフルな毎日を送っているのね〜。忙しければ忙しいほど輝くasmaちゃんらしい内容で。(でも、勉強できなかった時の言い訳がおもしろい。クスっ)今の大学生ってスゴイってつくづく思わされる。いつも刺激をありがとう。asmaちゃんもイランに遊びにきてくれそうな人のひとりだね〜。
go2rumaniaさん。お久しぶりです!ブログにコメントをなかなか残せずにごめんなさい。(今、日本にいらっしゃる・・・というわけではないんですよね?)そして、また活躍の場を広げられたんですね!EuroNews、イランでも見られるのかしら?もし可能なら勿論チェックさせて頂きます!ご本名は、確か以前のラジオ出演の際におっしゃられてたように記憶しますよ。
「イランへ行くことになった」なんて曖昧な書き方、旅なのか仕事なのか勉強が目的なのか、なんのことやら分からないですよね;滞在期間ははっきりとは申し上げられませんが、数年という単位です。go2rumaniaさんには後ほど個人的にメールを出させて頂きますね〜。
elly
2007/08/07 12:29
NAKAさん。本当、ネットでの出会いって不思議です。私の場合はネットでお会いした方々で、なおかつ関東在住の方の殆どに実生活でもお会いしていますが、NAKAさんは関西ですからね〜。でも、NAKAさんにはお会いしたことがないながらも、とてもとても「近さ」を感じています。
ペルシャン・ポップスは、そうですね。イラン国内のもので女性リード・ボーカルはありえませんよね。コーラスはありますが。アジア歌謡・女性歌手ご専門?のNAKAさんには、物足りないですよね。
えひ山さん。はい!今後もどうぞよろしくお願いします!今後もぜひメール連絡させてくださいね。良いライブに行かれたら教えてください。あと、イランに行った後も、民族楽器についてとかいろいろ質問させて頂くかと思います。
elly
2007/08/07 12:45
わーん、さびしいです><。
でも念願叶ってよかったですね!
去年イスラームの講義を受けて、イランに興味を持ちました。私も背骨さんと一緒に遊びに行きます〜。
ネレ美
2007/08/07 17:44
イランへ行かれるのですか。
最近のイランのポップスを好んで聴いていますが、イラン国内では「禁止」なんですよね。
アメリカが「悪の枢軸」だとか言ってましたが、イランがどういう国なのかは、わたしは知りません。
イランからのいろいろな情報を楽しみにしております。
kisara
2007/08/07 23:00
激務が続いてしばらく覗いていなかったのですが…ありゃりゃ?イランに行かれるのですね?うーむ、羨ましいと言うか何と言うか。前からコメントしていますが、ellyさんの素晴らしい行動力には本当に敬服致します。イランで実り多い生活が実現しますように!福岡から応援しております!
ころん
2007/08/08 16:16
すっかりコメント遅くなりました。
…イランですかぁ〜〜〜。
驚きと羨望と不安(←何でお前が?)いっぱいで読ませてもらいました。ellyさんのことです、きっとイランから"呼ばれた"んですよ!
「日刊ペルシャン・ブルー」のネット連載は今からワクワクして待っております!
まず何より、体力ですからね、常にお元気で!
questao
2007/08/08 21:41
ネレ美ちゃん。連絡してないままでごめんね!うん、寂しくなります。だって、ネレ美ちゃんと出逢ってからというもの、かなりの割合で会ってたものね。そっか〜、ネレ美ちゃんもイランに興味あり?背骨さんとぜひ遊びにきて〜!
kisaraさん。そうそう、ペルシャン・ポップと言えば、kisaraさんですよ!空耳ですからね!
私のところにもマンスールの記事にコメントしてくださったのが最初ですよね?
イラン国内で聴かれている、そして国内で生まれているポップスやロックも一部あるようですよ(以前、サリガさんに聞きました)。その辺りの事情も探りたいことのひとつなんです。
「悪の枢軸」の真相も探ります(笑)のでお楽しみに。
elly
2007/08/08 23:28
ころんさん。激務の中、殆ど更新のない私のブログを気にかけてくださり、ありがとうございます。暖かいお言葉にも感謝の気持ちでいっぱいです。いつもありがとうございます。現在、行く前から分からない事だらけでパニクる日々ですが、イランではもっともっとパニックになるような状態が待ち受けてるんだろうなと思っています。・・・が、イラン人のペースに合わせて、ゆっくりのんびり頑張ろうと思います。もともと、ころんさんと同じ福岡人の私。東京の人に比べれば、のんびりしたものですけどね!
questaoさん。コメントありがとうございます!
そうですね!イランから呼ばれたんだと思い、使命を果たすべく頑張ります!とりあえずは、ETHNOMANIAを日刊化することですかね?(無理そうだな・・・)体力ですよね!はい!テヘランって高度高いしな・・・。身体鍛えようと思います。
elly
2007/08/08 23:40
わわわわ、オドロキました!
でも、イランから呼ばれたんだと私も思います。

寂しくなりますが、遠い異国の地でも
いつもellyさんが笑顔でいる姿を思い浮かべました。
リンダ
2007/08/09 11:04
リンダさん!素敵なメッセージをありがとう!
とっても嬉しい!
いつも笑顔でいられるよう頑張ります!
elly
2007/08/09 19:25
ellyさん、イランに決まったんですね!
てっきり違う大陸に行かれるかと思っていました。

イラン、かなり未知の国です。
どんなひとたちが暮らしていて、
どんなご飯を食べていて、
どんなことを大切に思って、
どんなことを当たり前と思っているのか。
全然見当もつきません。

ellyさんのぶれのない視線でとらえた
イラン・レポートたのしみにしています。
ご準備はお忙しくて大変だと思いますが、
どうぞ体に気をつけて!
mikiino
2007/08/16 11:24
そうなんです!あの大陸になるのでは?と思っていたのですが、結局ユーラシア大陸になりました。
イラン、専門的に勉強していた(つもりの)私でも、未だ未知の部分が多いです。
食べ物のリサーチはその土地を知るのに、とても大事ですよね。mikiinoさんの食に対する姿勢、取材方法を見習って、私も食の世界を探求したいと思います!
帰ってきたらまた遊んでください!美味しいもの、たくさん教えてくださいね。
elly→mikiinoさん
2007/08/17 00:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Welcom Map

welcommap
Welcom Map
ペルシャン・ブルーの国へ ETHNOMANIA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる