ETHNOMANIA

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界の路地〜導入〜

<<   作成日時 : 2006/05/12 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

ン!?突然路地ですか、なんて言わないでください。
何を隠そう、私は自称路地フェチ。
過去にこのブログでも、路地フェチであることを一度だけカミング・アウトしたことがあります。(どの記事でかは敢えて申しませんが)
旅から帰ってきて写真を現像すると、必ずと言っていいほど路地を写した写真が数枚あることには以前から薄々気付いていたけれど、ここ数年それがエスカレートして、記念写真の約1/3程を路地の写真が占めているという事態になっていました。あまり写真を撮らない私ですから、それだけ路地に対する思い入れが強いということです。
路地好きとは言っても、じゃあどんな路地が好みかと言うと、路地というからには家と家に挟まれた細い道であることは勿論ですが、太陽光線が強い場所で、壁のでこぼことした陰影がはっきりと描かれる白壁や日干しレンガの壁が両方から迫っている空間になんともいえない郷愁を覚えます。となると(陰影を楽しむとなると)自ずと時間帯は朝早くか、夕暮れ時となりますよね。そして、その壁の向こうからジャスミンやランタナ、ブーゲンビリアなどの地中海の花々がそっと顔を覗かせ、微香が風に漂っている空間は、私にとって最も居心地の良い世界です。また、路地は生活の空間ですから、人の暮らしの息吹が感じられるのも楽しいですが、私はどちらかというと、人の気配があまり感じられない閑散とした少し寂しげな空間を散歩するのが好きです。

ところで、このブログとリンクして頂いている『ラクダ色のルンバ』のラクダ子さんが、ヨーロッパの旅の記録を更新されています。ユニークな(独自性のあるって意味ですよ)ラクダ子さんの感性を表すかのような秀逸な記事ぞろいなのですが、中でも先日の「路地」の記事に、私はとても感銘を受けました。あ〜、路地の切ない感じがよく表現されてるなあ〜。そうそう、路地って懐かしいし切ないんだよな〜。ラクダ子さんもおっしゃってますが、夕刻の路地って、ホント切ないんですよ。ラクダ子さんのお写真からは、その切なさが痛いほど伝わってくるんですよ。

実は私は以前から、何かひとつテーマを決めて旅のことを語りたいと思っていました。
その思いは、昨年末に『地球散歩』という、さらささんaoiさんが運営されるブログに出会って、益々強くなりました。地球散歩は、あるテーマに沿って、地球上のいろんな場所から、おふたりの鋭い感性と豊富な知識をもとに、想い入れがたっぷり入った絵葉書のような手触りの、言わばブログ上の短編集として纏められています。文章のお手本としても、旅の先輩としても、このブログに出会えて、心から良かったなあと思える大好きなブログです。

これらふたつのブログに触発され、「そうだ!路地だ!頂き!」と、今回単純にも?思った私。
ただ、ブログにいざ載せようと思うと、あまり良い写真がないのが難なのですが(ブログに載せようと思って撮っていたわけではないので、人が写っていたりでなかなか使えない)、使える限りの写真を引っ張り出し、しばらく路地特集してみようかと思います。
大袈裟に「世界の路地」と書きましたが、当ブログでは、チュニジアを売り?にしているので、主にはチュニジアのものになると思います。
それから、路地と言えば、世界一の迷宮都市、モロッコのフェズを特集できればよかったのですが、私は残念ながらフェズには行ったことがないのです。フェズは、中世イスラームの世界観がそのままに残る城壁に囲まれた迷路のような市街地。
大好きなポール・ボウルズが、モロッコ独立間近のフェズを舞台に描いた小説、『蜘蛛の家』を読み、フェズへ行きたいモードはたかまるばかりだったのに、未だ行ったことがないのですよ。また、その入り組んだ街並みが世界遺産にも指定されている、路地好きにはたまらない都市です。私がご紹介できるチャンスは今のところないのですが、幸いにもこれまたこちらでリンクさせていただいている『モロッコ料理の台所』のayumiさんがフェズに在住なさっていて、日常生活のひとこまとして、フェズの市街地を切りとってらっしゃいます。ですから、ayumiさんのブログをご覧になられることをおススメします。

というわけで、来週辺りから路地特集、はじめるとしましょうか・・・。

今回のネタは、inspired by rakudako-sanということで。
ラクダ子さん、ありがとうございます!

実はここのとこ具合があまり良くないのであまり遊びにも出かけられずネタに困っていたので、刺激を与えていただいて、非常にありがたいです。

ところで、明日あさっては代々木公園でタイ・フェスだぞい!
あいにく両日とも天気悪そうですが、雨天決行とのこと。
明日の方が降水確率低いようなので、ばっちり楽しみたいなら日曜日より明日でしょう!
私も行けたら行っておいしいものガンガン食べたいな・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはー。TBやら、文中のたくさんの”ラクダ子”やら…色々どうもありがとうございます(笑)ellyさんの路地フェチっぷり、楽しみにしていますね♪ところでタイフェスとは!!知らなかったー(>_<)明日は予定があるけれど、早起きして行ってみようかな。私もタイ料理食べまくりたいです!!情報どうもありがとうございますー♪そしていつのまにかトップページの写真がラクダに!?って前からでしたっけ??
ラクダ子
URL
2006/05/13 02:06
路地かあ・・・
イタリアのポンペイへ行った時
強い光りに当たる、崩れた塀の
路地というか、壁が崩れて路地となったのか
印象的でしたね。。
ルーマニアの路地・・
頭にとめて目を光らせてみますね!
(あ!きっとルーマニアでも路地撮られて
いますか??)
go2rumania
URL
2006/05/13 06:29
こんばんは。
路地フェチ(笑)カミングアウトしてましたね〜。
私もああいう雰囲気好きですv
私の場合は路地自体というよりも単に細長い空間が好きなんだと思うんですが。
更新楽しみにしてます♪
saji
URL
2006/05/13 20:41
す、すみません!ラクダ子さんに度々登場していただきましたよ。
導入編とかいって、大袈裟にはじめてしまったので、期待外れにならないかプレッシャーですねぇ…。ラクダ子さんの記事のおもしろさには到底適いませんのであしからず〜、です。
ところで、タイフェス、行かれました?
私は今日のところ行けませんでしたよ。
トップの写真は、鋭い!おととい変えたばかりです。ここでもラクダを使わせていただきました。(ロバという手もあったのですが)ラクダ子さんにはいろいろインスピレーション頂いてますよね。
elly→ラクダ子さん
2006/05/13 22:33
ポンペイ行かれたのですね!私は言ったことないんですよ。そうか、go2rumaniaさんは以前はイタリアにお住まいでしたものね。今渋谷のBunkamuraで、ポンペイ展やってます。8年ほど前にもやってました。日本人に人気なのでしょうね。
私も古代遺跡に路地の跡を偲ぶの大好きです。儚いですよね。路地特集で、ローマ遺跡に残る路地の写真も載せようかと思っています。
ルーマニアもステキな路地がたくさんでした。シギショアラの旧市街をやろうかと思っていますよ。その際にはgo2rumaniaさんのところにも文中リンク貼らせていただくかもしれません。
go2rumaniaさんのお写真にもステキな路地ものがあったの、しっかと記憶していますよ♪ブラショフの白黒写真だったかと思います。
elly→go2rumaniaさん
2006/05/13 22:39
ははは。。。sajiさんのお陰でカミングアウトしちゃいました。あの写真は私も大好きなのだ。路地というわけではなく、ホテルの中庭の写真なんだけど、あのままの雰囲気の路地があったら言うことないよね。
「細長い空間」、そうか。そう考えると、閉所恐怖症の気がある私はダメかも。。。
子ども用の遊具で、チューブ状になったものをくぐっていくやつとか、悪夢によくでてきて、息苦しくなっちゃうよ〜;細長い空間って、たとえばどんなん?!
elly→sajiさん
2006/05/13 22:45
行ってきましたよタイフェス!!居たのは2時間ほどでしたけど、生ムエタイ演舞も見れたし、料理も5種類、果物1種類食べました♪しかし雨だと色々大変ですね。ごはん買うのにも傘が邪魔になるし、雨で休憩所もいっぱいで、でもベンチは濡れているので座れないしで、けっこうみんな立ったまま食べてましたよ。。あと、舞台でムエタイをやっている時に、平気で傘さしながら見てる人が何人か居て困りました。見えないんですけどー…と思っていたら、強気な外国人がつかつかと近寄っていって、傘を下ろせと注意してくれてましたけどね。雨じゃなかったらもっと楽しめただろうにな、と思いました。あと、売り切れていて食べれなかった、蒸し春巻きだけが心残りです。。ellyさんも是非日曜こそは!!
ラクダ写真良いですね。それだけで異国を感じます。いつかロバ写真も見てみたいですけど♪
ラクダ子
URL
2006/05/14 01:12
細長い空間…うーん、たぶん図書館みたいな。学生時代本ばっかり読んでいた(でもためにならないやつばっかり;)ので、原体験?!として私の中にあるのでしょう(笑)だから路地と違って空がなくてもOKなのだ。ellyさんは閉所ダメなのねぇ…。
ところで、モロッコのフェズといえば、世界遺産のDVD欲しいなあ…と前々から思ってるんだけど、そういう物に限って勢いがつかなくていつまでも買えないのよね…
saji
URL
2006/05/14 13:30
シギショアラはそうですね、
くまな〜く歩きたい 路を楽しみたい
ところかも :)是非是非TBしてくださいね。
違った視点でのルーマニア、楽しみに
しています♪
(シギショアラ、今度あのドラキュラレストランと泊まったホテルなど書く予定です)

★ママリガは確かにすごく普通のものなのに
日本ではないかもしれませんねでもきっと
イタリアのポレンタの粉なら(基本的には
一緒、そういうとイタリア人・ルー人
どちらにも怒られそうだけど)あるかもしれ
ませんね。素朴すぎてないのかしら。

ミキツーリストの記事も読んでくださって
どうもありがとうございます。
とってもうれしいです、感想頂けて。
同じ写真もあるのですが、まとめ方を
変えたり集大成?のような記事にしてあるんです。
素敵なお兄さん、いました!?!?!?
、、、、会えてない私はアンラッキーなのか・・
go2rumania
URL
2006/05/15 03:53
タイ・フェスがあったとは!終っちゃってる〜!残念、いきたかったなぁ…ellyさんは、おいしいものいっぱい食べましたか!?
Xiromaki
URL
2006/05/15 07:06
朝早く起きてタイ・フェスに行かれたんですね!実は私行けませんでした(涙)。ああ!おいしそうなものがたくさんあったのですね、残念!一年に一回と言わず季節ごとにやってほしいわ〜。
それにしても2日とも天気が悪かったわりには、さすがに認知度のある祭り、人出がすごかったようですね。人ごみの中で傘をさして立ったままの食事では落ちつかなそうだし、舞台もよく見えなくて残念ですよね。それにしてもムエタイまで!試合ではなくデモンストレーションのようなものですよね?
ところで、ラクダ写真に続き、そのうちロバ写真もトップに持ってきてみようと思いますのでお楽しみに。(questaoさんもロバ好きなんですよ〜♪)
elly→ラクダ子さん
2006/05/15 22:01
なるほど、図書館ね。本棚が迫ってくる感じね(笑)ほんと、私もsajiさんもへんなものが好きなところが似てるよね。(だからこそ、一緒にいて心地よい)
世界遺産のDVDだけど、NHKで放送したものだったら、フェズもうちにDVD撮ってあるよ。あとビデオだったら、TBSのも確かあったけど。
elly→sajiさん
2006/05/15 22:06
シギショアラのドラキュラレストラン、入ってみなかったので、特集していただけるなら楽しみです♪シギショアラは路地好きにはたまらない街でした。もっとゆっくり滞在して、生活空間のようなところまで目撃できればよかったのですが、とおりいっぺんの観光写真しか残せませんでしたよ。
ママリガについてですが、ポレンタの粉だったら日本でも手に入るのかな?ちょっと調べてみたいと思います。でも記事を拝見していると、ママリガを作るにはかなり熟練した主婦の技が必要なようですね。だてにママ(お母さん)リガとは呼ばない?!(←くだらない!)
ミキライゼンの記事はいつも感心して読ませて頂いてますよ。そうそう、同じ写真を使っていても短い文章でまとめて集大成のような記事にされている、まさに旅行会社向きの文章だなあと思って読んでます。
美形のお兄さん、ぜひパパラッチしてください。ブラショフのレストラン(広場の)ですよ、go2rumaniaさん!(まだいるかなあ、あのお兄さん)
elly→go2rumaniaさん
2006/05/15 22:13
タイ・フェスのこともっと早く書けばよかったですね、反省!
ラクダ子さんへのお返事にも書いたのですが、
自分から紹介しておいてなんなのですが、私も結局行けなかったのですよ。
Xiromakiさんがご紹介されてる八王子のイベントも楽しそうですよね。でも、今年はギリシア料理はないんですよね。ちょっと残念ですよね。
elly→Xiromakiさん
2006/05/15 22:17
『地球散歩』をこのような形でご紹介いただき、本当にありがとうございます。いつも一つ一つの記事を大切に読んでくださっていること、心から感謝すると共に大きな励ましをいただいています。碧の言うように願い叶って本になった際には帯の文章をお願いしますね!
路地・・旅に出たくなる言葉ですね!昔はよく奈良の崩れかけた土塀の続く小径や京都の路地をふらふらと歩いていました。そしてギリシャ・・。アテネのにぎやかさを抜けたところにある坂の狭い路地、エーゲ海の島にある青と白の小径など・・思い出すと何だか切なくなります。しばらくは旅にでられないのでellyさんの路地特集を楽しみにしていますね!
さらさ
2006/05/17 12:39
「地球散歩」の話をさせていただきながら、そちらにはトラバもしておりませんでした。すみません。
さらささんとaoiさんの文章は、本当に美しいし、心から感動させられるのですよ。地中海への郷愁と憧憬という共通点も私を惹きつけた原因のひとつではあるのですが、あれだけ簡潔な文章で見事に旅心をくすぐってくださる技には、いつも感心させられています。
え〜!本の帯ですか?!恐縮です。でも、こんなに嬉しいお申し出はないですよ。ありがとうございます!
京都や奈良も風情があってステキな路地がたくさんありそうですよね。特に花や新緑、紅葉の季節は、ふと足を止めたくなる風景にたくさん出会うことでしょう。
ギリシアの路地、小道も…。考えてると、ホント切なくなりますよね。ギリシアへ旅した時は、路地フェチを意識していなかったため写真には殆ど残していなかったのですが、頭の中には強く路地の絵が焼きついています。やはり切ないですよね。
さらささんが、ギリシアを再訪問される機会が早く訪れますように…。
elly→さらささん
2006/05/18 01:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Welcom Map

welcommap
Welcom Map
世界の路地〜導入〜 ETHNOMANIA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる