ETHNOMANIA

アクセスカウンタ

zoom RSS 砂漠の旅(タメルザ渓谷1)

<<   作成日時 : 2005/10/28 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

画像
少し間が開いてしまいましたが、今日も砂漠の旅の続きをさせていただきます。

ネフタを訪れた同じ午後、運転手が交代し、タメルザ渓谷にある3つのオアシスへ出発した。
タメルザへの道はクネクネと続く山道。途中いくつかのワジ涸谷:乾季の間、水が涸れてしまっている小川)を通り過ぎる。この時季(初秋)は文字通りの涸谷となっている。舗装された車道沿いに生えた草も地面に植わったままちりちりに涸れてしまっている。
車がアルジェリア方面に進むにつれ、土の色が少し赤茶けてきた気がする。
そして、右手にはモロッコから続くアトラス山脈の山並みが聳え、左手には土漠がはるか先まで続いていて、地平線を見渡せる。その視界を遮るものは、熱せられた地面から立ち上っているゆらめく陽炎のみ。
運転手のアブデルが声を上げる。「ミラージュだ」
ミラージュ、蜃気楼。確かに遥か先には、砂で出来た街がぼんやりと見えている。
蜃気楼を見ていると「儚い」という言葉を思い浮かべずにいられない。あたかも陽炎のように、あたかも砂の街の崩れかけた城のように、流れ移ろい、人に幻影を見せるまやかしの街並み。

最初に訪れたのはシェビカという村。山裾に広がる緑と水に溢れたオアシスだ。
この村は1969年に起こった大洪水!で殆どの家が泥の塊と化してしまい、そのすぐ近くに新しい村をつくっていた。もちろん観光の対象となるのは、前者の廃墟と化した旧市街の方である。
訪れる時間帯にもよるのだろうが、明るい陽光の下では「廃墟」と言ってもあまり実感がわかなかった。それに、泥の塊はあまりにも風景に馴染んでいて、それが異物であるという気がしないのだ。
村を見下ろせる高台に登って村を見下ろすと圧巻!谷間の中に廃墟となった家々が群がるように聳えているのを俯瞰できる。

次に訪れたのはタメルザの街(写真)。街とは言ってもこちらも広がるのは廃墟ばかり。
同じく大洪水により流された街。近くに行って見る事は叶わず、ワジを挟んで高台から廃墟を見下ろした。廃墟の後方に山並みを抱え、右手にナツメヤシのオアシス、そしてその向こう側には新しいタメルザの街。眼下にひろがる一大パノラマは風景としては申し分ないのだけれど、なぜか物足りなさを感じてしまった。
映画「イングリッシュ・ペイシェント」の蜃気楼のようなイメージが強すぎたのか、私はあまりにもロマンチックな廃墟を想像していたようだ。
モロッコで同じように、廃墟ではないけれども、オアシスのナツメヤシの林が林立する中にひっそりと佇むカスバの群れを見たときにはえも言われぬ感動を覚えたのに。なんでも初めて見るときの感動には適わないのだろうか。
それとも、ある種の感動には適した年齢があるのかもしれない。悲しいことだけど、20代の時の感動と30代に入ってからの感動は質も度合いも違うのではないかと思う。
(続く「前記事」をクリック)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
セルジア渓谷 〜 ミデス 〜 タメルザ峡谷 〜 シェビカ 〜 トズール
今日は朝から4WD(ランドクルーザー)で移動です。 まずセルジア渓谷を走る電車、レザールージュに乗りました。 (赤とかげという意味) 小規模なグランドキャニオンといったようなところを縫って走り、 途中2ヶ所、絶景のところで止まって、 一旦下車することができます。 ...続きを見る
英国日記
2007/01/05 00:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
色々行かれていますね、
まだ行きたいところがいっぱいあります、
だから楽しい人生!かな :)

★きだちはっかは私も良く分からず
でもGoogleなどで調べれば
出ると思いますよ。セボリーだそうです。
http://go2rumania.exblog.jp/
go2rumania
2005/10/29 06:08
ありがとうございます。なるほど〜、セボリーって聞いたことあります。googleで調べてみます。
elly→go2rumaniaさん
2005/10/29 18:24
★ラジオ聴いて頂いてありがとうございます。
情報・・というほどは発信していない、
何を書いてもまだ珍しい国なので、
もっと調べた記事も書きたいな〜と
思いつつ、なかなかできていません;;苦笑

そう、ルーマニアのトマト美味しいですよね。
これはイタリアに匹敵できるかも!
なんてイタリア贔屓の私としても思ったり
しています。食べ物と、、私はその土地で
聴いた音楽ですね、聞くと はあ、あの時は
こんなだったわ、なんて1人で浸ったりします
:)
go2rumania
2005/11/01 05:19
ラジオあれだけの短時間でずいぶんたくさんの情報を発信されているなと思いました。go2rumaniaさんはルーマニアー日本の文化大使ですね。
音楽は旅の上で重要な要素ですよね。旅先で気に入った音楽をゲットできずに帰国ということがよくありますが。。。go2rumaniaさんはどんな音楽が心に残っていますか?
また、ルーマニアでおススメの音楽があれば教えてください。トラッドでもポピュラーでも。。。どちらも興味あります。
elly→go2rumaniaさん
2005/11/01 12:28
ん〜お勧めの音楽・・・
聞いていても題名が分からないことが
多くルーマニアの音楽では特に・・

あっ、コリンダといってクリスマスの
曲ではあります。
タイトル・歌手は 裏ルーマニア〜で
紹介しているのですが、お教え
したかしら?
裏といっても対したことは書いていない
徒然の多摩煮の更新ですが・・
http://blog.livedoor.jp/go_to_rumania/
go2rumania
2005/11/04 02:54
裏ルーマニアのコリンダのご紹介記事、探して読んでみますね。ありがとうございます。
elly→go2rumaniaさん
2005/11/04 14:20

コメントする help

ニックネーム
本 文

Welcom Map

welcommap
Welcom Map
砂漠の旅(タメルザ渓谷1) ETHNOMANIA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる