ETHNOMANIA

アクセスカウンタ

zoom RSS 砂漠の旅(タメルザ渓谷3)

<<   作成日時 : 2005/10/28 21:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
ミデスの周りは土産物屋が軒を連ねていた。売り物なのか演出なのか分からないけれど、崖にそって、こんなきれいな布(写真)が至る所で青空の下はためいていた。空と大地のコントラストがはっきりしているので、こんな色鮮やかな布がとっても映える。他にも絨毯が飾られていたりして、目障りな観光地の土産物屋も風景にうまく溶け込んでいました。
(続く「前記事へ」をクリック)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 ヨーロッパの美しい町並みもいいけれど、私もオアシス都市なんかに惹かれます。そういう所で開かれるバザールを見てまわったら、おもしろいだろうな、と思います。エリイさんの発見の旅、それが旅の醍醐味でしょう。私も体力のあるうちに行かなくちゃ!パック旅行は、体力が無くても行けるでしょうけど。
筑紫万葉
2005/10/29 10:28
遊牧民が集まる市場って、やっぱりおもしろいですね。その土地土地で独特のものが集まっていて(って、私もそんなには見てないですが)、一日中いても飽きないと思います。
イスラーム商人と闘うのは大変ですが;

美しい街並みやきれいな風景、遺跡も大好きなのですが、そこに人々の息吹が合わさるとこんなに魅力的になるのかと認識したのはイスラームの国に行ってから。オアシス都市は、いろんな人が集まって、その典型だなと思いました。
elly→筑紫万葉さん
2005/10/29 18:29

コメントする help

ニックネーム
本 文

Welcom Map

welcommap
Welcom Map
砂漠の旅(タメルザ渓谷3) ETHNOMANIA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる