ETHNOMANIA

アクセスカウンタ

zoom RSS ロマ(ジプシー)音楽

<<   作成日時 : 2005/09/13 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

料理に重点を置きます、なんて言いながら、のっけからジプシー音楽ですかい???
我ながら笑ってしまいます。
でも、近く催されるイベントに関するネタが古くなることを恐れて、敢てこの話題で行きたいと思います。もし料理を楽しみにしてくださっている方がいらっしゃったら、申し訳ないです。
コメントを頂いたNAKAさん(たびたびご登場いただいてスミマセン)のブログで紹介されていて、私もコメントで少し触れたルーマニアのジプシー楽団タラフ・ドゥ・ハイドゥークス[TARAF DE HAIDOUKS]、人気ですよね。というより、ジプシー音楽シーン自体がずいぶん前からもりあがっているのでしょうが。
画像

そのタラフ(以下タラフでいきます)を私が知ったのは、サリー・ポッター監督の映画『耳に残るは君の歌声』(01年)にジプシー楽団として出演していたのがきっかけ。(知るの遅すぎ!)
画像

この映画の縦軸は、ユダヤ人の歌い手の少女が行方の分からなくなっている父を探す流浪の旅の物語ですが、流浪の途上、イタリアのオペラ歌手やジプシーに出会います。タラフはもちろん役者ではありませんが、疾走感と緊張感のあるアンサンブルで映画全体をもりあげ、圧倒的な存在感を醸しています。この映画にはジョニー・デップが主人公の恋人のジプシー役で出ていますが、彼もタラフの音楽性に惚れ込んだとのこと。
主人公の女性はクリスティーナ・リッチーが演じています。主人公が歌う劇中歌『暗い日曜日[Gloomy Sunday]』の部分の吹き替えは、これまたチェコ出身のジプシー歌手イヴァ・ビトヴァが歌っています。(『暗い日曜日』といえば、同名の映画もありますが、この映画の話もいずれしたい)メランコリーと諦観のようなものが漂う声に、ジプシーの辿って来た苦難の道のりが偲ばれるようです。

その後、吉祥寺にあるバウスシアター(この映画館、確か去年は、ルーマニアのオジサン・ジプシー・ブラスバンド、ファンファーレチョカリーア主演の『炎のジプシーブラス 地図にない村から』(04)を上映してました。こだわりがあって好きです)
画像
でジプシー映画を特集していたときに、ジプシーの生き様、ジプシーと「よそ者」の交流・確執を描き続けているトニー・ガトリフ監督の映画『ラッチョ・ドローム[LATCHO DROM]』(92)にもタラフが出演してることを知りました。
画像
この映画は、ジプシーがヨーロッパへ向けインドを出発し、中東、東欧を通ってスペインのアンダルシア地方にいたるまでの道のりを、彼らが通ったそれぞれの地域で残していった音楽を丁寧に辿ることにより描写しています。音楽を手段にした壮大なロードムービー?です。ジプシーこそ、文化融合における偉大な大使です。
ガトリフのほかの作品『ガッジョ・ディーロ[Gadjo Dilo]』(97)では、ルーマニア・トランシルヴァニア地方のジプシーが描かれていますが、この映画の主演女優ローナ・ハートナーの奔放さと、あけっぴろげな美しさ(とにかく踊るのが好きだし、音楽が鳴ると踊りだしてしまう。それに情熱的)に私は惹かれました。ローナ・ハートナーは、ジプシーではないのですが、ジプシー・ミュージックに造詣と愛情が深いらしく、彼女自身がジプシーそのものであるかのように奔放に情熱的に、しかし時にジプシー特有の頑固さや、集落内部での厳しい規律のようなものを巧みに演じています。彼女はブカレストのクラブで歌っていたところを、ガトリフ監督に見初められたのがきっかけで当映画に出演したようです。ジプシーの血をひく監督から見ても、ローナの中にはジプシー的な何かが認められたのでしょう。
そして、『ガッジョ・ディーロ』の中で主人公が捜し求める幻の歌姫(カセットに吹き込まれた歌としてのみ登場)ノラ・ルカは、ミツーラこと、モニカ・ユハ−ズ・ミツーラが演じています。
画像

その、ローナ・ハートナーが、来月、彩の国 ワールドミュージックフェスに出演します。(5月にも確か来日していましたが、残念ながら、その頃私の方がルーマニアへ行っていて、ライヴへ行けませんでした。)このイベントの中で[Time of Gypsies]と銘打って、他にもたくさんジプシー関係のイベントが行われる模様。ローナは、フランスのDJとコラボしているらしく、彼女の歌とダンスをテクノでやっちゃうらしい。(CDも出てたみたいですね。この分野、まったく知らないので)
これが言いたかったので、今日はこのテーマで書いてきました(←前置き長すぎ)。

そして来年のお正月映画で、ガトリフの新作が観られるそう!『愛より強い旅』というタイトルで、今度は北アフリカとジプシー音楽のmixtureを聴けるようなのです。今から楽しみ。さすがトニー・ガトリフ!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。知識のリンクが凄いですね。
私もellyさんのようなブログにしたいのですが,
どうも論理性が弱く,雑感ブログとなっております。とほほ。
映画「耳に残るは君の歌声」のポスターからは,クレズマー(ユダヤ)
やらロマ(ジプシー)やらの雰囲気が分かりませんでした。
ジプシー音楽だけでなく,クレズマー音楽も使われているのでしょうか。
それとイタリアもですかね?
とにかく私にとって知らない情報ばかりで感謝です。
ローナ・ハートナーのテクノ風味や,北アフリカとジプシーの
ミクスチャーも興味深いです。メモしときます。


NAKA
2005/09/13 04:27
さっそくellyワールド全開ですね(^^)私にはわからない言葉のオンパレードに、逆にellyさんの生き生きした姿が想像されます。また私のブログにも来てね。
FattyPooh
2005/09/13 06:49
ブログリンクさせていただきました。
ellyさんは,「旅人」リンクという事で,ご了承を。
他に漢字二文字で,ご希望があれば,変更しますよ。
他には,「音欲」リンク,「楽士」リンク,「師匠」リンク,
「行徳」リンクを設けております。
ただ,私のブログ,お客さん少ないので。。。すみません。
NAKA
2005/09/13 12:53

コメントする help

ニックネーム
本 文

Welcom Map

welcommap
Welcom Map
ロマ(ジプシー)音楽 ETHNOMANIA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる